talentcolumn

【コラム:山本優希 Love Family】第6回 ママ友のこと

26歳で、すでに2児のママである山本優希さん。今回はママ友との交流についてお話をお伺いしました。

 
ーママ友とはどのように交流していますか?

ママ友というと、『JELLY』のモデルの森摩耶ちゃんと仲がいいですね。
お互いに妊娠した時期が近くて、年齢も同じだから、すごく気が合うの。あと初期のJELLYでモデルをしていた子がもうひとりいて、その子とマヤちゃんと3家族でよく遊びに行きますね。

ディズニーランドに行ったり、子ども広場に行ったり、しまじろうのショーに行ったりしてすごく楽しいですよ!

お仕事つながり以外では、まだママ友があまりいないんですが、この春から上の子が保育園に行き始めているので、そこでママ友との付き合いが始まるのかなぁと思ってます。

子どももそうだけど、私もちゃんとお友達できるといいんだけどな。

 
ーどんな人と、ママ友になりたいと思いますか?

そうですね、学生時代の友達もそうだけど、波長が合ったり、気が合ったりすると自然に仲良くなれそうでいいですね。

あと、先輩ママからよく聞くのは、子どもが仲良くする子のママと仲良くしたら良いってこと。子ども同士が仲良くないのに、ママだけ仲良くしても、子どもが楽しくないかもしれないし、子ども同士が気が合うってことは、その親も気が合うんだろうな、と思います。

だからうちの子が、保育園でどんな子と仲良しになるのか楽しみです!

 
ー育児の相談をする先輩ママ友はいますか?

世の中のお母さんたちは、みんな先輩ママだし、周りにもたくさんいるけど、「相談」という意味で言うと、母親ですね。

私、自分の親をすごく尊敬しているんです。お母さんの生き方をお手本にしてるくらい。
昔は、そんな話をしなかったけど、私が子育ての悩みを相談すると、「お母さんもそうだったよ」とか、いろんな話をしてくれる。

私自身が親になったことで、お母さんとの関係もまた変化があったし、私にとっての一番身近な先輩ママはお母さん。あと、旦那のお母さんにも、旦那の小さかった頃の話をよく聞いたりしますね。
母親って、一番親身に話を聞いてくれるし、頼りになるし、ためになることを教えてくれるんですよね。

 

育児の相談を、尊敬するお母さんにするという山本さん。
愛情いっぱいに育ててもらったからこそ、自分の育児の悩みを一番に相談する人に「お母さん!」と答えられるのだろうと思いました。
きっと、同じように二人の娘さんたちを育てていくだろう山本さんの育児が、ますます気になります。
次回は、『2人の娘さんの子育て』について、お話を伺います。
お楽しみに♪
(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
第6回 ママ友のこと