talentcolumn

【コラム:みきママ なかよしかぞくごはん】第5回 疲れ気味の旦那さんが喜ぶレシピ

パパさんに聞いた「家にまっすぐ帰りたくなる時」の第1位が、「家のご飯が美味しいとき」ってご存知でしたか?
美味しいご飯は、家族円満の秘訣。
昔から言われている「胃袋を掴む」というのは、ほんとに大事なんですね。
そこで、今回はみきママに「旦那さんが喜ぶレシピ」として、【羽根つき餃子】をご紹介してもらいました。

 
◆肉汁たっぷり!羽根つき餃子◆

 
<材料(50個分)>

豚ひき肉(脂が多めのもの)
300g
粉末鶏がらスープの素
小さじ1
粉ゼラチン
5g
キャベツ(みじん切り)
1/3個
ニラ(みじん切り)
1/2束

餃子の皮
50枚
ごま油
小さじ2

【A】
しょうゆ・オイスターソース
各大さじ1
ごま油・酒・砂糖
各小さじ2
おろしにんにく
小さじ1
おろししょうが
小さじ1/2

【水溶き小麦粉】
小麦粉
小さじ1

1/2カップ

 
<作り方>

1.スープゼリーを作る。沸騰した湯(1/2カップ)に鶏がらスープの素を溶かし、熱いうちにゼラチンを加えて泡だて器で混ぜる。バットに流し、粗熱をとって冷蔵庫で30分冷やす。

2.ボウルにひき肉、キャベツ、ニラ、【A】をよく混ぜ、1のゼラチンを細かく刻んで加えて全体を混ぜ合わせる。餃子の皮にあんをのせ、ふちに水(少々)をつけてひだを寄せながらしっかり閉じる。

3.フライパンに少し間隔をあけて餃子を並べて強火にかけ、水溶き小麦粉(小麦粉に水を少しずつ加えて混ぜる)を注ぐ。グツグツしてきたらふたをし、水分がなくなったらふたをはずして火を少し弱め、ごま油を鍋肌から回しかけてパリッと焼く。

4.フライパンにお皿をかぶせ、羽根が崩れないようにひっくり返したらできあがり。

 
みきママからのワンポイントアドバイス

この餃子は、盛り付けの見た目から、我が家では「太陽餃子」と呼んでます。

作る時のポイントは、スープゼリー。少し手間ですが、これを入れることで、肉汁がすっごく美味しく出るんです。
一口食べた時の感動を体験してほしいです!

小麦粉を水に溶いて作る羽根も、お店のようにパリパリに仕上がるので、ぜひ試してみてください。

お店で食べるようなおかずが食卓に並ぶと、男性ってすごく喜んでくれるんですよ!
うちでは、餃子を包むのは旦那さんの担当。すごく上手なんです(笑)
お休みの日に、一緒に夕飯を作ったりするのも、食べる時にワイワイ盛り上がれてオススメです。

 
<みきママへの質問コーナー>
藤原家で作るカレーには何か特徴はありますか?

うちは、よくカレーに旬の野菜を入れて作ります。
春なら春キャベツやアスパラ、夏ならナスやトマト、秋ならキノコやサツマイモ、冬ならゴボウやレンコンなんかもおいしいんですよ!
子供たちもカレーが大好きだから、どんな野菜でもモリモリ食べちゃうんです!

 

餃子のレシピを教えてもらい、早速旦那さんに作ってあげようと思いました。
ご実家が、中華料理屋さんだというみきママの餃子レシピ。
お家でこんなに美味しい餃子が食べれたら、旦那さんも仕事が終わったらまっすぐ帰ってきてくれそうですね!
さて、次回のレシピは、「ママ友おもてなしレシピ」です。
簡単で、豪華に見えるおもてなしレシピを教えていただきました。
お楽しみに♪
(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
第5回 疲れ気味の旦那さんが喜ぶレシピ