life

こんな歳の重ね方がしたい!理想のおばさま像

SONY DSC

ファンデーションがキレイに乗らなくなったり、お気に入りのファッションが似合わなくなったり。ふとしたときに気づくのが「私って、もしかしておばさん?!」という衝撃的な事実!おばさん化を実感するのは寂しいけれど避けられないものなら発想を逆転させ、未来の自分を楽しみにしたいものですよね。みなさんからいただいた「こんなおばさんになりたい!」というコメントをご紹介します。

■歳をとってからのほうが似合うファッションも!

支持が多かったのは、肩肘張らずに生きているナチュラル系の女性。一方で、いくつになってもおしゃれ心をキープしている女性にはやはり憧れが強いようです。

『実年齢より5歳くらい若く見える、無理しすぎていないマダムになりたいかな』

『年老いたらやせているより、ふっくらしているほうが見た目がよい』

『ババアになってもハイヒールは履きたいな』

『60歳になったら白髪ショートで「コム デ ギャルソン」を着たい』

『着物が着たいな。実家が茶道教室をやっているからお弟子さんたちが着物なんだけど、みんな素敵。私も着るけど、まだまだ未熟な感じがしちゃう』

■お手本にしたい素敵なお姉さまたち♪

「こんな人に憧れる!」という女優さんやタレントさんの具体的な名前も、たくさん挙がっていました。何かの機会に実年齢を知り「え、そうだったんだ!」と驚くことも多いようです。

『野際陽子さん、79歳なんですね。60歳前後の一般人がお手本にできそうなくらいお若い。話し方も滑舌がよいし、あんなおばあちゃんになりたいな』

『原田知世さんが素敵。若い頃はあまり好みじゃなかったけど、最近テレビを観ていて年齢を知ってびっくりした! 透明感がすごいよね。生活感がなくてお肌も透き通るようだから、なおさらかな。彼女みたいなファッションが誰にでも似合うかといえば、そうじゃないかもしれないけど』

『私は松坂慶子さんとか、五月みどりさんがいいな。ギスギスしていないから表情が柔らかい。品のよさプラス裕福さを感じさせる人になりたい』

『夏木マリさん。最近実物を見かけたんだけど、本当にカッコよくてビビッてしまった! 時々やり過ぎかな?って思えるところは真似できないけど』

『栗原はるみさんとか、かなぁ。RIKACOさんや国生さゆりさんにも憧れるけど、自分には似合わない雰囲気だから』

このほかにも吉永小百合さん、桐島かれんさん、萬田久子さん、市原悦子さん、風吹ジュンさんなど、単純に「おばさん」とは呼べないオーラを持つ著名人の名前が挙がっていました。一昔前とは違い個性的な歳の重ね方をしている女性が多い今、見ているだけで年を重ねるのがプラスに思える先輩たちがたくさんいます。「今の自分の個性を当てはめてみると、将来お手本にできそうなのはこの人かな?」そんな想像をするのも楽しいですね。

参考トピ (by ママスタジアム
40、50、60代位の理想のファッション