旦那さんとの会話が減ったとお悩みのママにおススメ! 夫婦の間になくなったうるおいを取り戻す方法

Fotolia_47706422_Subscription_Monthly_M
家事に育児に毎日が忙しい「ママ」

子どもができ夫婦関係にも変化が生じてくるもの。女性よりもママとしての側面が強くなり、結婚したての頃とは違い、夫婦仲もいつの間にかマンネリになる事がありますよね。

結婚したばかりの頃は、週末は2人で買い物に出かけ、外食をしながらお互いの近況を報告し合う時間がたっぷりあって、妊娠中は産まれてくる子どものことを2人で話し合っていたらついつい深夜になってしまった。なんてことありませんでしたか?

出産後は、子どもが寝たら「自分も眠っておかなくては!」と、旦那さんとゆっくり話をする時間もなくなってしまいますよね。
お風呂上りに鏡を見ながら肌をチェックする時間も、肌荒れが気になるからといつもより念入りにお肌のお手入れをするような自分の為に使う時間は皆無で、気づけばあっという間に時間が過ぎてしまいます。

育児にも慣れ、少しずつ気持ちに余裕が出てきた頃には、旦那さんとの間で減ってしまった会話に気づき、子どものこと以外での会話のネタもなくなりつつあることに落ち込み、くたびれた肌に驚き、伸び放題の髪の毛にがっかりするのが「ママ」なのです。

「どのくらい洋服を買っていないんだっけ?」

「最後にデパートに行ったのはいつだったかな?」

「子どもに可愛い服を買ってあげたいから、私はメイク道具を我慢しよう。」

家事も育児も全力で頑張っているママは、いつの間にか自分のことに対してのいろいろなことを我慢したり、疎かにしていたりします。

ママスタのママたちも“自分用”のものが後回しになっているみたいです。

『化粧品→化粧水1本1万から無添加の千円くらいのに変えてファンデも千円くらいのミネラルファンデに変えた
あと、化粧品節約のために休日はすっぴん率高い』

『化粧水は1万円→3千円→今は使ってない。年に3~4回のカットとカラーとパーマ→年に2回カットのみ。安物ばっかりだけど欲しい服や流行りの服は買ってた→全く買わない』

『カットのみ3500円の美容室→カット、シャンプー、ブロー込み2000円。化粧水3000~4000円→700円。服は滅多に買わなくなった。』

でも、きれいであることを諦めているわけではないので、またおしゃれをしたり、メイクをしたり、旦那さんに褒めてもらえる日のことは常に頭の中で想像しているはず。

なかなか自分にお金をかけられなくなっているのも事実だけど、女性として旦那さんに愛され「うるおっている」女性でもあり続けたい。
そう思っているママ達に、おススメしたいのが毎日手軽に出来る「うるおい」チャージ!

CMで石田ゆり子さんが言うセリフ「私、うるおう女になるわ」
この言葉にドキッとしたママは少なくないはずです。

心の中にある「もう1度うるおいたい!」願望を刺激するこのCM。
うるおう女になる為に、CMの石田ゆり子さんのように、旦那さんに向かってうるおう宣言するのも1つの方法ですね!

毎日の余裕のないママたちの日々の中でも、たった3分!
自分の為にヨーグルトを食べる時間を持つことから、うるおい作り始めてみませんか?

“「うるおう女」になって夫婦仲もちょっぴり新鮮にしてみては?”

Supported by:meiji アミノコラーゲンヨーグルト
アミノコラーゲンヨーグルトはうるおい、輝くママ達を応援しています