campaign

カードローン使ったことある?「生活費が足りない!」ママの急な出費あるあるって?

カードローン
結婚して子供が生まれてママになって…。家庭を持って家族が増えると、より賑やかで楽しい暮らしになりますね。

でも一方で、お金がかかることも多くなってきます。旦那さまの仕事の付き合いや趣味、子供のおけいこごとやイベント、もちろんママ自身の自分磨きや自己投資など、家族が増えればそれだけ出費の機会は増えます。

急な出費あるあるその①:おうちの事情

例えば、
・友人の結婚式と旦那さまの急な出張が重なって現金が足りない
・エアコンと冷蔵庫が同時に壊れてしまってどうしても買い替えなくてはならなくなった
・車の調子が悪くて、あわてて修理に出した
・子供のお誕生日プレゼントに、奮発しすぎてしまった

などということは、普段どんなにママが気をつけていても当然起こってしまうこと。ちょっとした出来事には備えているつもりでも、結構まとまった額が必要となると、やっぱり困ってしまうこともありますよね。

急な出費あるあるその②:おうちの事情

また、急な出費の原因がパパの事情である場合も多いものです。

・旦那さまの飲み会や会社の付き合いが多い月だった
・最近始めた趣味に、予想外にお金がかかっている
・急な出張で、軍資金を多めに渡さねばいけなかった
・友達や後輩との付き合いのなかで、どうしても交際費が必要

などなど、パパにもお金を使わねばならない事情はたくさんあります。このように日々の暮らしの中でお財布を開く機会は多いもので、後からそれに気付いて慌てる…なんてことは、ママだけではないのです。

へそくり?サブ財布から?ピンチの時って、みんなどうしてるの?

こんなピンチの時、他のママ達はどうやりくりするのでしょう?食費を切り詰めたり、旦那さまや自分のお小遣いをカットしたり、積み立て貯金を切り崩したり…?どれも生活の工夫の一つですが、どれもなかなか大変なことですよね。

けれど、そんな工夫をしている時間もないなんていう時だってあるはず。そういう時に心強いのがカードローンです。

カードローンは、クレジットカードやローンカードなどを使って窓口やATMなどで現金を引き出すことができるもので、事前審査を通過してカードを作っておけば比較的簡単に利用できるシステム。
お金のやりくりに時間を割くことなく、ピンチに対応することができます。

ピンチを乗り切るには、賢く使うことがポイント!

しかし「簡単に」とは言っても、お金を借りるという行為には変わりはありません。「安易に利用するのはちょっと」「お金を借りるのは不安」などの声もあり、カードローンを利用するにあたっては気を付けたいものです。

けれど逆を言えば、“お金問題で、誰かに迷惑をかけない”という点では、身の回りの誰かや家族にお金を借りるよりも気持ちがすっきりするのも確か。
返済についても、会社別にしっかりとしたプランがあるため、予定を立てやすいのも魅力です。

ポイントは、事前に使い道や返済計画をよく考えたうえで、シミュレータなどで「返済額」「返済期間」「借用限度額」などをきっちりとシミュレーションしてから利用すること。
あらかじめ“借りるときに気を付けたいこと”と“返済するまでのスケジュール”をしっかりチェックしておくことで、お財布事情に合わせプランを立てることができます。

「お金を借りる」という行為は、メリットとデメリットがあります。家族にも相談し、それぞれの家計収支のスタイルに合わせて、カードローンも含めた複数の調達手段を比較して検討することが大切だと言えるでしょう。