child

子どもからの素朴な疑問 「なんで貯金しなくちゃいけないの?」にどう答える?

記事提供:@niftyわたしのマネー術

38c16ab71e10df4f922003bfa0ddc6e8_m
■貯金の基本は目標と計画

まずは子どもと一緒に貯金の具体的な目標を立ててみましょう。
目標がきまったら、次はその目標に向けた計画づくり。どのくらいの期間やペースで貯金するのがいいか、子どもが目標達成にむけた計画を立てられるようにアドバイスしてあげましょう。
「いま欲しい」をがまんして、未来の目標のためにお金を貯める、そんな力を身につけられれば、子どもの将来に必ずプラスになります。
まずは近い将来の目標設定からはじめて、年齢があがるにつれ、より長期的な目標をみつけられるよう子どもの年齢にあった伝え方で貯金力を養ってあげましょう。

■子どもの豊かな将来のために

小学校低学年くらいでは、欲しいものが手に入らない場合にがまんして、おこづかいやお年玉を貯めて目的のものを買うような体験をさせてあげるとよいでしょう。
中・高学年くらいからは計画的に貯金をする習慣を身につけられます。例えば「おこづかいのうち、いくらは貯金する」というように、天引き貯金の方法を教えてあげましょう。子どもの将来にわたって強い味方になるはず。

中学生は将来の自立に向けた基本的な力を養う時期。銀行への預金だけでなく、株式などへ投資する事の意味を理解できるよう、一緒に市場や経済の話にふれるていくのもよいでしょう。
高校生になるころからは、長期的な貯蓄・運用に取り組む考え方の基礎を伝えてもいいかもしれません。
また、自分のお金が銀行などの金融機関を通じて、どのように社会とつながっているのか、というところにも関心を持てるように話をするとよいでしょう。
子どもの頃に身に付けたお金の教養は生涯役に立つものです。将来をより豊かなものにするために、いまから家庭でもお金に関する話をしていきましょう。

コラム出典:子どもからの素朴な疑問 「なんで貯金しなくちゃいけないの?」にどう答える?
(by @niftyわたしのマネー術)