talentcolumn

【コラム:山本優希 Love Family】第4回 ママになってからの美容とファッション

ママになってもおしゃれな山本優希さん。
2人のお子さんの育児をしながらの美容とファッションについて質問してみました。

山本優希 インタビュー
ー産後、美容についての意識は変わりましたか?

正直、体型のことより、肌とかのほうが気になる!撮影してると10代の子と一緒になることもあって、そういう時に感じたくない衰えを感じるんですよ。(笑)

昔とは明らかに肌が違うし、シミやそばかすが増えるのはしょうがない。でもそこで10代の子たちと張り合うのではなく、年齢や経験を重ねてきてこれはこれで魅力になってるはずだ!って思うようにしています(笑)でも「最低限のことはやらないと」、と思って、子どもの髪を乾かしながら自分はパックしたりとか、「保湿」はかなり意識していますね。
ーエステに通ったりもするんですか?

子どもが生まれてからは時間がなくて行けていないですね。昼間に時間ができたら、ネイルに行ったり、美容院にも行ったりしたいし、そうなると独身時代のようにエステに行くという時間は現実的に中々作れない。

その代わりというか、家に出張マッサージに来てもらうことはあります。美容というよりは、身体のむくみを取ったり、疲労回復が目的ですけど。アロマオイルでマッサージしてもらうとすごくリラックスできるし、家だから終わったらそのまま寝ちゃえるので、すごく助かってるの。子どもを寝かしつけた後にしてもらうのが一番いいですね。忙しいママのプチ贅沢としてはオススメかも。

メイクにはどのくらい時間をかけてますか?
私、メイクは早い(笑)どんどん早くなってきてる気がする。基本的なメイクをして、付けまつ毛は目尻だけ。カラコンも最近はあまり付けなくなったかな。
すっぴんの時も結構多くて、そんな時はメガネを有効活用してます。
髪の毛は、今短くしているから寝癖を直すくらいだし、あとはニット帽とか被ったり。
メイクの時間より、服選びに時間がかかってるかも(笑)
ーそうなんですね。妊娠・出産を経て、服の選び方に変化はありましたか?

山本優希 インタビュー

好きなファッションやブランドは変わらないですね。妊娠中もマタニティ用の服っていうのは特に買わないで、好きなブランドの中で着られそうなデザインものを選ぶっていう感じでした。ワンピースが多くなるんだけど、結構それでなんとかなりましたよ。

変化というか、子どもが二人とも女の子だから、最近は一緒にファッションを楽しむこともできるようになりましたね。例えば子どもと一緒に出掛ける時に、お互いのファッションのポイントを襟に持って来たり、同じ色のニット帽をかぶったり、なんとなくペアルックな恰好をして出かけると楽しいんですよ。
ーお子さんのファッションへのこだわりはありますか?

大人が着るような服の子ども版、みたいなスタイリングにすることが多いですね。でも、親好みの服を着せられるのは今しかないかも。上のお姉ちゃんは最近自分の好みを主張するようになってきてて、「どうしてもこの靴が履きたい」って言うから、それに合わせて服をスタイリングし直すこともあるの。

服の好みもはっきりしておしゃれになってきているけど、アンパンマンも大好きだから、そのうち「アンパンマン着たーい!」とか言われそうな気もする(笑)

二人の女の子とポイントでペアルック…とっても楽しそう!
おしゃれママのお子さんは、きっと小さな頃から感性が豊かになりそうですね。
次回は、“仕事と子育ての両立について”のお話をお聞きします。
お楽しみに♪

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
第4回 ママになってからの美容とファッション