talentcolumn

【コラム:ダイアモンド✡ユカイ ユカイなパパライフ】第3回 双子の男の子が誕生!

47歳でパパになったダイアモンド✡ユカイさん。不妊治療を経て、待ちに待った長女新菜ちゃん(ニーチェ…ニックネーム)の誕生から2年後に、今度は双子の男の子、頼音(ライオン)君と匠音(ショーン)君に恵まれます。今では3人のお子さんのパパになったユカイさんに、双子ちゃん誕生について、いろいろお話を伺いました。

 
―お腹の赤ちゃんが双子だとわかった時はどんなお気持ちでしたか?

それは、びっくりしたよ!

ニーチェが1歳くらいになった時に、妻がもう一度挑戦したいって言ったんだよね。それまで俺もニーチェに兄弟を作ってあげたいという気持ちもあったけど、不妊治療は女性に負担がかかることが多いから少し不安だったんだよね。でも妻がそういう気持ちを持ってくれているんだから、できるだけ協力したり、支えようと思って挑んだんだ。

そしたら、まさか双子が授かるなんてね!いきなり3人になるんだから、びっくりしたよね。

俺たちは、とても恵まれていると思ったよ。

二人の男の子に恵まれますが、一緒にこんなことをしたい、というものはありますか?
やっぱり同じ男だから、自分の成長過程とか、好きだったことに重ね合わせて考えちゃうね。

俺は子どもの頃、相当なスポーツ少年で野球が大好きだったんだけど、今息子の父になってみると、『息子達とキャッチボール』、これをぜひやりたいね!でも今だったらサッカーもいいね!あと、一緒にギターを弾けたりしたら楽しいだろうな。
二人の成長が本当に楽しみだよ!

 
―双子ちゃんの育児も、積極的に参加されましたか?

もちろん!でも女の子と男の子では全然違うね。特におむつ交換(笑)。女の子で慣れてたから、双子が生まれておむつ交換してみたら、「おちんちん」が邪魔なんだよね。拭くのが大変なんだよぉ。

拭いてる最中におしっこかけられたときにはびっくりしたよ!「ピー」って(笑)。育児っていうのは常に新しい発見と驚きの連続だと思うよ。

 
―双子ならではのエピソードはありますか?

そりゃ、いっぱいあるよ!一人の子と双子の育児は、全然違うんだよね。

まず、第一に『ミルクタイム』が大変!日中は、妻が3時間おきにミルクをあげるんだけど、ニーチェの面倒も見ながらだから大変でしょ。妻の負担を軽くするために、朝型になった体内時計をあえて夜型に戻して、夜は俺が夜中のミルク担当を引き受けたんだよ。

それで、3時間おきにミルクをあげようとするんだけど、2人ともが同じ時間にお腹が空くわけじゃないから、これがまた大変!ショーンにミルクをあげて落ち着くと、今度はライオンが泣き出す!みたいな。

これじゃ寝られないから、どうしようか考えてさ。それで、ショーンが起きたらライオンも起こして、両手に哺乳瓶持って、2人に同時に飲ませることにしたんだ。そうすると、さすが双子で2人ともちゃんと美味しそうに飲むんだよ。俺はこれを宮本武蔵の二刀流にちなんで『二投乳』って呼んでる(笑)。双子ならではの技だね。

 
―双子ちゃんの子育ては、パパの協力なしでは難しいですね。

そうだね。うちは上のニーチェもまだ小さいから、小さな子が3人いると、妻と俺だけでは難しい時もある。

一番大変なのは外出の時だよね。子供3人を連れて出かけるのは、妻一人ではもちろん、俺が一緒でもかなり大変だ。大人の手が足りなくなっちゃう。

散歩に行っても、それぞれ別のことに興味もってそっちに行きたがったりするから、妻がニーチェの手を引いて、俺がライオンとショーンに振り回されてたり。

でも俺がいないときは妻はもっと大変だよね。だから一緒にいるときはできるだけサポートしていこうと思ってるんだ。

前回は『沐浴キング』、今回は『二投乳』の使い手として育児に積極的に参加しているユカイさん。
そこには奥さまの負担を軽くしてあげたい、という優しい気持ちがあることが伝わってきます。
「まず興味をもって、自分で実践して、新しい技を発見する!」。そんなユカイさんの育児スタイルはパパ達にも参考になるかもしれませんね。
双子ちゃんの育児で発見したことを、パパの顔で話してくれるユカイさんは、とても素敵でした。
次回は、ユカイさんが3人のお子さんと、どんな遊びをするかを聞いていきたいと思います。
お楽しみに♪

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai 衣装:B-STAND OUT ヘアメイク:藤垣由夏)

参考トピ (by ママスタジアム
第3回 双子の男の子が誕生!