life

介護や相続、何から準備していけばいい?

記事提供:@niftyわたしのマネー術

3d726a89b8c25ffd9950bedc47356813_m

Q.親の介護や相続が心配。互いの両親はまだ健在ですが、なにから準備をすればよいのでしょうか。

A.介護も相続も、すべて「本人ありき」。自分たちだけで悩むのではなく、まずは両親としっかり話し合える関係を作ることが第一歩です。
数多くの家計相談にのっていると、子どもの教育費や老後の生活といった、自分たちの将来に待ち受けているライフイベントと並んで、「親の介護」にかかるお金を心配している人がとてもたくさんいます。
でも一方、「ご両親と介護の問題について話し合ったことはありますか?」と聞くと、「今は元気なので、なかなか聞けなくて……」という人がめずらしくありません。
一般的に、現役世代よりもすでにリタイアをしている世代のほうが、家計にはゆとりがあります。加えて、少子高齢化が急速に進行していることを考えると、今の現役世代が老後にもらえる公的年金はさらに少なくなることが予想されます。これから教育費が正念場を迎えるというご家庭が、自分たちの老後の生活費も貯めながら、さらにご両親の介護に必要な準備をするということは、なかなか簡単にできることではありません。

そうしたことからも、まずやっていただきたいのが、自分たちだけで悩むのではなく、両親としっかり話し合える関係を作ること。
両親の目線に立ってみれば、「できるだけ子どもたちに迷惑をかけたくない」と思っているかもしれません。老人ホームの入居金や自宅のリフォーム資金をしっかり準備している可能性だってあります。
介護も相続も、すべて「本人ありき」。
ご両親自身の意思なくしては成り立ちませんので、まずは「どうしたいのか」「資金は大丈夫なのか」といったことを聞ける関係を作りましょう。

もしも「自分たちの貯蓄だけでは不安」という話を打ち明けられたら、そこからが具体的に準備をはじめるとき。兄弟がいるのであれば、互いの懐事情から、どのぐらいなら負担できるのかを話し合うことも大切です。どちらかが両親のそばにいて日常的に世話をしているのなら、遠くに住んでいるほうが少し多めに資金を出すといったこともよいバランスの取り方です。

いずれにしても鍵を握っているのはオープンな話し合い。いざとなってから慌てたり揉めたりしないためにも、ご両親が健康なうちに意識を共有しておきたいですね。

コラム出典:介護や相続、何から準備していけばいい?
(by @niftyわたしのマネー術)