life

再婚でより幸せになるヒミツ

aac0e4d3a859086345fc39a7cecfc7cd_m

最新の厚生労働省の発表によると、結婚しているすべての人のうち、男性の18.1%、女性の16.0%が再婚だそうです。つまり既婚男性の約5人に1人、既婚女性の約6人に1人が再婚ということになります。

幸せな結婚生活を送る秘訣はなんと言っても「幸せになりたい」と強く願う気持ちです。これは初婚であろうと再婚であろうと変わりません。とはいえ、一度でも離婚を経験している人は、結婚の痛みを知っている分、自分の人生の幸せを強く願う気持ちが強いのでしょう。離婚経験があっても、次の結婚に向けて積極的に行動していることが、先ほどの数字からもうかがえます。

再婚で幸せになるには、「離婚理由をきちんと把握しておく」ことがとても大切になってきます。また同じ失敗を繰り返さないためにも、また結婚後に「こんなはずではなかったのに…」という後悔をしないためにも、結婚前にきちんと本人に理由を聞いておくほうがいいでしょう。

女性の多くは、たとえ結婚相手が離婚経験者でも、相手の過去に対しては寛容になりがちな傾向が見られます。彼に非があったわけではなく、前の奥さん側の問題、もしくは相性が悪かっただけだろう、などと思うのです。そして自分だったら彼と幸せになれるに違いない、自分は例外、と思い込んでしまうのです。その気持ちは理解できなくはありませんが、思い込みだけで結婚に突き進んでしまうのは大変危険です。

自分で離婚理由を推測するのではなく、相手と結婚前にきちんと話し合い、納得することが大事です。原因を確認することで安心することができますし、今度は自分が同じことをしないように心しておくこともできます。この時に気をつけたいのは、決してキツイ口調で問い詰めないこと。例えば「一緒に幸せになりたいから、バツイチのワケを教えてくれないかな?」といった感じで真剣にかつ優しく、さらに離婚をマイナスではなく次へのプラス材料と考えていることを思わせるような口調で話をしてみてはいかがでしょうか。

再婚でさらに幸せになるために、きちんと相手と向き合い、結婚前にしっかりと離婚理由についての話し合いをすることをお勧めします。

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/