life

ローンを組む前にしっかり計画を!マイホームの予算の立て方とは?

記事提供:@niftyわたしのマネー術

5f60d04fc6179a4cfa6b5c2f5346f39c_m
■頭金を用意しよう

マイホームを買うためには、まず購入時に支払う頭金を用意する必要があります。
一般的には、家の価格の2割くらいを頭金として支払いますが、今ある貯蓄額を全て頭金に使ってしまうと、家を買う時に必要な手数料や、病気やけがをした時などいざという時の貯蓄がなくなってしまいます。
将来への貯蓄を残した上で、頭金の金額を計算しましょう。
また、中には頭金ゼロで家を購入できる場合もありますが、その分住宅ローン借入額が多くなり、金利が高くなる可能性もあるので、あらかじめ確認が必要です。

■住宅ローン借入額の設定方法は?

家の値段から頭金を引いた残りの金額は、銀行など金融機関からお金を借りて、毎月ローンとして返済していくことになります。
ここで注意したいポイントは、金融機関が提示してくる住宅ローンの借入限度額(借りる事ができる上限額)をそのままローンの金額として設定してはいけないという点です。
銀行が提示する上限ギリギリまで借り入れをしてしまうと、月々の返済で生活が苦しくなってしまいます。
また住宅ローンの支払いとは別に、マンションの管理費用や駐車場の使用料など、月々の支払いが発生する場合もあるので、自分の毎月の収入から生活費や諸経費を引いて可能な返済金額を計算し、借入額を設定しましょう。
さらに、住宅ローンを設定する際には、長期的な家計のマネープランを考慮することが大切です。
住宅ローンの返済期間は、最長35年間が一般的ですが、この期間には、お子さんの教育費がかさむ時期があったり、大きな病気をしたりと、家計の出費が大きく変化する可能性があります。
住宅ローンを払いつつ、しっかり貯蓄もできるように、長期的な視点でマネープランをたてていきましょう。

コラム出典:ローンを組む前にしっかり計画を!マイホームの予算の立て方とは?
(by @niftyわたしのマネー術)