life

留学のチャンス到来! 学費無料の国もあるヨーロッパを筆頭に、英語学位が取りやすくなっている!?

記事提供:@niftyわたしのマネー術

0410_topics_imasia_11160982_M_1.jpg

■留学するならヨーロッパへ!? 英語での授業、学費無料の国も

転職前に留学を考えている人や、お子さんが留学を希望している人も、なるべく安価でよい教育を受けたいものですよね。
ところが近年、以前から人気のアメリカやイギリスへの留学費が高騰傾向にあり、大学で英語学位を取得するには年間300万~600万円が相場。留学バブルと言われています。

そんな中、ヨーロッパでは積極的にお手頃な価格で教育を提供する国が続出しています。
とくに注目したいのがドイツ。なんと、ドイツの公立大学なら留学生でも原則無料で英語学位を取得することができます。さまざまな意見や考えに触れる機会を設けることで、イノベーティブな人材を増やそうというドイツ政府の戦略によって実現しました。

また、スペインでは公立大学の年間学費が10万~50万円。
生活費も英米より安いのでとてもおトクです。
大学生活は英語でありながら、スペイン語も同時に身につけることができるのも魅力的。
スペイン語は世界でも有数の多く話されている言語なので、英語圏以外での就職なども視野にいれることができそうですね。
フランスなら、学費が年間3万円以下という公立大学もあります。

■ニュージーランド・中国も人気! 安全面やネットワーク作りが強み

留学する上で気になる安全面で人気なのは、有史以来、戦争がないニュージーランド。公用語なので、英語の上達も早そうですね。学費は年間105万~200万円が相場です。

また、中国への留学を検討している人も増えているようです。
日本からの距離が近く、いざというときに帰国しやすいことや、食文化に馴染みがあるので安心して暮らせそうです。
講義をすべて英語で行う大学には、中国各地から優秀な人材が集まるため、卒業後のネットワーク作りにもなります。ビッグチャンスを掴みたいビジネスパーソンにはぴったりかもしれません。

英語が学べて、異文化を経験できる国はたくさんあります。学費を理由に諦めかけていた人は、もう一度検討してみてはいかがでしょうか。

コラム出典:留学のチャンス到来! 学費無料の国もあるヨーロッパを筆頭に、英語学位が取りやすくなっている!?
(by @niftyわたしのマネー術)