child

2年後には7万人近く不足!?どうなる保育士不足対策

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_m

■ 保育園ができても保育士がいない!?

介護業界がすでに数十万人の人手不足で悲鳴をあげていることは各地で話題となっていますが、実は、2017年には保育士も約7万人不足すると予想されています。
働きながら子育てする人が増えた日本。ここ数年、国は毎年300軒のペースで認可保育所を作ってきました。そのかいあって待機児童は減ってきていますが、目指すところは待機児童ゼロ。ですから、今後も待機児童解消加速化プランによってさらに保育所の数を増やそうとしています。そうなれば当然保育士の数もそれだけたくさん必要になってくるのですが・・・。
どうやら、数年後には「建物ができても働く人がいない」という介護業界によく似た状況になってしまいそうなのです。

出典:http://www.asahi.com/

■ 子ども好きなだけじゃつとまらない!保育士の仕事は結構ハード!

介護職、看護師、保育士など人手不足が問題視される職種はどれも離職者数が多いのが共通点。そして、その理由にも似通ったところが見られます。保育士もまた、「職場の人間関係」「賃金への不満」「仕事がハード」を離職の理由としてあげる人が多いのです。
特に保育士の場合は、働く前から仕事のハードさが想像できる看護師や介護士と違って、いざ働き始めた時のギャップが大きいのかもしれませんね。保育士の仕事はただ子どもの面倒を見るだけではなく、時間外勤務や雑務は多く、ときには気難しい保護者への対応など、思いのほかハード。ただ「子どもが好き」なだけで続くほど甘い仕事ではありません。

出典:http://www.nhk.or.jp/

■ 国が始めた保育士不足対策は?

まずは保育士試験を年2回行う都道府県に対して、補助金を出すこと。今まで年1回だったチャンスが2回になればその分合格者数も増え、保育士数の増加につながると考えられますよね。そして60万人いる資格があるのに保育士として働いていない潜在保育士の現場復帰を働きかけてもらうために、各自治体の保育士・保育所支援センターへの補助も行われます。
ちなみに介護業界にも「潜在的介護福祉士」が45万人いるといわれていますが、今までは現場復帰を促そうにもどこで何をしているのか把握しづらい状況でした。これからは離職時の届け出で再就職をあっせんしやすくする制度も検討されています。やはり人材不足に悩む業界は、現場を離れている資格保有者の発掘も課題の1つと言えそうですね。
同じく人手不足の介護業界でも、介護福祉士も保育士のように試験回数が増えれば、チャレンジしようとする人も増えるかも知れません。介護と保育、人手不足の業界同士それぞれの対策に習うところはありそうですよ。

■ 関連リンク

子ども・子育て支援新制度ついて知ろう!

高齢化社会を脱出した国々とは?

これで出生率アップ?子育て支援に本気を出した東京がスゴい!

【コラム出典】介護のほんねニュース

http://news.kaigonohonne.com/