talentcolumn

IKKO:第8回 ママ達の悩みにIKKOさんが答える!

全8回に渡りお届けしてきたIKKOさんへのインタビュー。子ども時代から現在まで、深く人生について語っていただき、テレビで見るのとはまた違ったIKKOさんの魅力をママ達にお届けし大きな反響を呼んできました。
素晴らしいお着物も見どころのひとつでしたね!今回は桜の柄のお着物で登場いただき、
春の訪れと共に晴れやかなフィナーレを飾っていただきます。
さて、いよいよ最終回。ママ達が日頃悩むあんなことこんなことに、IKKO流のアドバイスを語っていただきました!

■ママスタのママ達のなかには、育児や家事に追われて、メイクをする時間がなくて悩んでいる方たちもいます。そうした方にアドバイスをお願いします。

08_MJ_0331A

小さなお子さんがいると、なかなかメイクをする時間も取れないですよね。
そこに悩むママ達もきっといると思うのですが、私は時間がないときには無理をしてしっかりメイクをしなくてもいいかな、と思っているんですね。
それだったら、育児期間中は肌の負担を軽くする時期、スキンケア中心にして今後のために美肌作りをするための時期だと考えてみるのもひとつの手よね。

忙しいママさん達が出来る美容法として「お風呂タイム」を活用するのはどうかしら。
私はお風呂美容っていろいろできることがあるな、と改めて見直しているんですね。
お風呂にしっかり浸かって血行を良くして筋肉をほぐす、汗と一緒に毛穴の汚れも出るし、疲れもとれていきますね。
これらは美肌作りに役立ちますし、忙しいママ達にはきっとリラックスできる時間になるかもしれないですね。
お風呂にお塩を入れるとより効果的ですよ。
はじめは大さじ2-3杯くらいから始めるとよいと思います。
保温効果が高まるので、冷え性の方にもおすすめです。
時には旦那様にお子さんを見てもらって、少し長めにお風呂に入る時間がもてるといいですね。
そうして肌がキレイになっていけば、女としては最終的に勝ちでしょ!
そう思って、あまりメイクをする時間がないことに悩まないでほしいな、と思います。

■多くの夫婦が抱える問題として、長く夫婦を続けているとマンネリ化して、互いにあまり魅力を感じられなくなってくる、ということがあります。そういうときにはどうしたらよいのでしょうか。

一緒に生活をしていると、嫌なところばかりが目についてしまうものだけど、良い所を見てあげるようにすることって、とても大事なことだと思うんですね。
粗探しをするより、良い所を探してあげる努力をしてあげることが、お互いが気持ちのよい時間を過ごすことにつながるんじゃないかしら。
家族になって長い時間が経ち、どうしても男と女という意識が薄くなってしまった時には、パパとしてママとしての良いところを見つけたり、結婚してから変わった新しい良いところを見つけてみると、またこれまでとは違う絆が深まってくると思うの。

結婚した時よりも年齢を重ねた分、若い時にはわからなかった新しい魅力や成長した部分を発見して、そこを惚れ直すことができると思うのよ。
人間だれしも年を重ねていくので、若い男女としての魅力から、人間として成長した魅力にどんどん互いのよさが変化していくのだと思います。
そこを良く見て、互いの魅力を発見していけるのがいいのかな、とそう思いますね。

■最後に、ママスタジアムのママ達にメッセージをお願いします!

08_MJ_0346A

世の中のママ達を見たり、ママスタを少し見させていただいて感じるのは、本当に多くのママ達は頑張って子育てされているのだな、ということ。
ママ達が一生懸命育児をしている姿ってとても素敵だし、自分より子どもを優先するところを尊敬してしまうの。

私は実際に子どもを育てているわけではないので、ママ達が実際にどのようなことに苦労し悩んでいるかは想像することしかできないのですね。
なので少し違う角度でお話しさせていただくとすれば、育児のような人生の大きな取り組みをしているときには、旦那さん以外にも信頼できる甘えられる人をたくさん作っておくといいと思うんです。
近くに甘えられる親がいるのであれば、どんどん頼れば良いと思うし、近所の方やママ友ももしかしあたらあなたを助けてくれるかもしれない。
困った時に、甘えられる存在があるって、すごく大切なことだと思います。
そしてこれが大事だと思うのですが、甘え上手になる為には、普段からその方に礼儀を尽くしておくこと。
自分も周りの人を気にかけるようにすると、いざというときに甘えられるよい関係が出来ていくと思います。
人生持ちつ持たれつが大切よね。

でも、どうしてもストレスが溜まることもあると思います。
私もストレスからは逃げられないのよー!
そういう時に大事なのは、周りの方にも協力してもらって自分の時間を少しでも持つことだと思うの。
少し余裕をもてると今の状況が違って見えてくることもあるので、ストレスと付き合っていく助けになるかもしれません。
そうしてお子さんに微笑みかけて、お子さんもママに微笑む、そういう関係がたくさんできるよう、ご家族で素敵な時間を作れるととてもいいな、と思います。

私のインタビューをここまで読んでいただき、本当にありがとうございました!
日頃から子育てに頑張っているママ達に、少しでも喜んでいただけたらとてもうれしいです。
そうした機会をいただけたことに改めて感謝申し上げます。
またお会いできることを楽しみにしています。

ママ達に愛をこめて IKKO

IKKOさん、本当にありがとうございました!
ママスタのママ達からも回を追うごとに反響が高まり、IKKOさんの生き方に共感するコメントもたくさんいただきました。
(取材・文:上原かほり)