talentcolumn

学校のトイレでウンチするのを嫌がる子どもに伝えたいこと

51ウンチ

こんにちは!
現在は激烈貧乏芸人ですが占いによると暖かくなった頃から爆発的に売れる予定のガリットチュウ福島です。

小学一年生の息子は最近、学校から帰ってくるなりトイレに駆け込みます。
『ただいま』も言わず顔面蒼白で。
トイレのドアがバタンと閉まりそのあとは
『フゥ〜〜〜〜』と言う声が聞こえて来ます。
きっと、ギリギリだったのでしょう。
しばらくして安堵の表情で出てきた息子に聞いてみました。

私『なんで毎日、帰ってくるなりトイレに駆け込むの?』
息子『だって学校でウンチしたくないから』
私『なんで?』
息子『えっ、なんか恥ずかしいからだよ』

やっぱりそうか!未だに学校でウンチをすることは恥ずかしいんだ!
コレは大変な事になるまえにしっかり教えとかなきゃ!とスイッチが入り仏様のように息子に話しかけました。

私『あのね。ウンチは学校でやっても恥ずかしくないんだよ』
息子『えっ!恥ずかしいよ!』
私『じゃあ我慢できずに漏らすのと、どっちが恥ずかしい?』
息子『漏らすの』
私『そうだね。あのね、パパもね、学校でウンチするのめちゃめちゃ恥ずかしたったんだ。だからいつも我慢してた。
でも小学一年生のある日、お腹が痛くて痛くてたまんなかったんだ。ずっとお腹が痛くて・・・ウンチしたいなぁ、でも恥ずかしいなぁってずっと我慢してた。でもとうとう我慢出来なくなって休み時間にトイレに駆け込んだんだ。トイレに入って急いでズボンを下ろしたけど、ギリギリ間に合わなくて全部出ちゃって大惨事』

息子『えっ!パパ!ウンチ漏らしたの!』
私『うん。クラスの全員に笑われた。』
息子『アハハハハハ!!!』

息子はしばらく笑ってました。私は自分の経験を全て伝えました。

私『その日から、パパのあだ名はウンチ。』
息子『アハハハ!』

笑ってる息子に全力で語りました。
松岡修造が小学生の時の錦織圭に情熱だけでぶつかっていったように。

『パパ思ったんだ!なんで!あの時!もっと早く学校のトイレでウンチをしなかったんだ!世界中、誰だってウンチをする!綺麗な人もカワイイ子も全員ウンチする!ウンチしなきゃ生きていけない!ウンチは生きる証し!ウンチするのは恥ずかしくない!しかしウンチは臭い!好きな人には嗅がれたくない!だから学校でウンチをする事は勇気がいる!!!学校でウンチができる人は勇者だ!!!』
と力説しました!
もし弁論大会に出場していたら優勝していたでしょう。
(便論とはあえて言いません)

笑っていた息子は真顔になりました。

私『だから学校でウンチはしていいの!ウンチするのをバカにする人は勇気がない奴だ!』
息子は『わかった!』と大きな声で言ってくれました。
情熱を持って話せば伝わるものですね。
ついでにマナーも語りました。

『あとウンチしたら絶対に流せよ!トイレに入ってウンチ流してなかったらテンションガタ落ちだよ!次の人は本当にイヤな気分になるからね。そして最後にもう一つ、もし友達がウンチ漏らしても笑ってはいけないよ。その友達は絶対に漏らしたくなかったはず。ウンチとの戦いに全力でぶつかり、たまたま敗れただけ・・・これも勇者だ!「ドンマイ!」と肩をポンと叩いてやれ!』と言いました。

あの時・・・漏らした自分に言って欲しかった言葉を・・・。

そして次の日、息子は笑顔で学校から帰ってきました。
『パパ!今日、学校でウンチしたよ!!!』
うん。それでいいんだ。それで。

また来週。

⇒毎日更新!ガリットチュウ福チャンネル

https://www.youtube.com/user/fukuchannel55