talentcolumn

IKKO:第4回 素晴らしい女優さんたちとの仕事は人生の宝物だった

第4回目となる今回は、美容室サワイイでの修行時代を経たあと、様々な経験を積み、美容家IKKOとしての存在を確立していった際のお話を伺っていきます。
IKKOさんが思う「本当に素敵な女性」についても語っていただきました。

■高級美容室サワイイを辞められた後のお話を聞かせてください。

サワイイを8年目で退職した後は、ヘアメイクの事務所に所属して仕事をし始めました。
その事務所に入って2-3ヶ月くらいの時に、「美しいキモノ」の表紙を担当させてもらったんです。事務所の先生に来た仕事だったのだけど、先生のスケジュール的に受けられないってことになって、「あなたアップスタイル得意よね?」と先生に聞かれて、その仕事を担当させてもらうことになりました。
その時は表紙を任されるということの重大さよりも、「うれしい」という気持ちが勝ってお受けさせていただいたのですが、怖いもの知らずも時にはよい結果をもたらすこともありますね。その表紙の仕事は今振り返ってみても、完璧な仕事ができた、と自負できるものとなりました。
実際に雑誌の表紙になったものを見ても、素晴らしかった。
今でもその雑誌は大切に持っているんですよ。

04_MJ_0372A

■独立はいつされたのですか?

サワイイで美容師としての経験を積んだ8年間、そして事務所に所属しながらヘアメイクとして様々な仕事をさせていただいた3年間があって、30代に入ってから自分の事務所を立ち上げました。
経営者になって感じた、これまでとの一番大きな違いは「責任の重さ」ですね。
女優さんや歌手の方がステージに立つ際の裏方としての仕事、雑誌やテレビ出演などでのヘアメイクの仕事など、たくさんの仕事をさせていただきましたが、その仕事のひとつひとつ、現場のひとつひとつに、それぞれ違った要望や要求があるんですね。そしてほとんどの場合はその内容について言葉で説明があるわけではないので、何が求められているかを察知して先回りして対応する必要がありますし、それが出来て当然だと思われています。
そうした仕事を任されることの責任の大きさ重さに悩む時期もありましたが、経験を積むことで現場ごとに求められているものを早く理解する力がついてきたように思います。
その仕事の積み重ね、経験の積み重ねが美容家として経営者としての私を成長させてくれたのだなと思っています。

■いっしょにお仕事をされた方からどのようなことを学ばれたのか教えてください。

女優さんからは、自分の見せ方や佇まいについて、学ばせてもらったように思います。
それに女優魂ですね。
女優さんというお仕事は、役によっていろんな人格を演じなくはいけないでしょ?
その為に磨いた、人を観察し見抜く力や、どんなことがあっても動揺しない心の強さは見習うべきところがたくさんあるんです。
歌手の方からは、お客さんの前で生の声で歌い、その瞬間に心を鷲摑みにするパワーや、エネルギーの強さ、礼儀を学びました。
モデルさんからは、どうしたら着ている服をよりきれいに見せることができるかを勉強させてもらいました。

■その方々との出会いは、IKKOさんの人生にとってどのようなものですか?

私の仕事はあくまでも裏方。女優さん、モデルさんが輝けるためのお手伝いをするのが私の役目なのですね。その仕事を通して出会えた、一流と呼ばれる方々のお仕事を横から拝見させてもらえるというのは、何にも代えがたいものだと思います。
その中から、本当に素晴らしいパワーを吸収させていただいているんです。
それは、私の人生にとってはかけがえのない宝物ですね。

■素晴らしい女性を数多く見てこられたIKKOさんが思う、「本当に素敵な女性」というのはどういう女性ですか?

04_MJ_0388A

私は自信と余裕があり、人に対して優しくできる女性が、すごくステキだと思うんです。
日々何かに真剣に取り組んで、いろいろな経験をしてきたからこそ出せる余裕感ってあるんですよね。
そうした「余裕」は他の人を安心させ、包容力に繋がると思います。
私はまだまだそんなレベルには至らないですけど、そういう女性になりたいなと思いますね。

■素晴らしい女性になるためにするべきことは何ですか?

若いうちに、惜しまずにたくさんの経験を積んでいくということが大切だと思います。
私ね、経験を積まずに、魅力だけを身に着けていくというのは無理なことだと思うんです。
だからこそ、「失敗することを恐れないで」って伝えたい。
経験を積もうといろいろ動くなかで失敗したり辛い思いをすることもあるけど、それは必ず身になるし、そこから学んだことは、きっと人生の宝になるはず。
あとは、恨み節を持たないことですね。生きていると、どうしても持ってしまう感情だけど、それは引きずってはいけません。恨み節は早く捨ててしまわないと、運がやってこないと思います。
これを読んでいただいている皆さんは、私より若い方が多いでしょ?
私もまだまだ女として成長したいと思っているので、ぜひ失敗を恐れず、人生にチャレンジして、深い魅力をいっしょに身に着けていきましょう!

ママ達に愛をこめて IKKO

女優や歌手など、たくさんの素晴らしい女性との仕事をされてきたIKKOさん。
「本当に素敵な女性」についての考えにも聞き入ってしまいました。
次回もお楽しみに!
(取材・文:上原かほり)