talentcolumn

IKKO:第3回 マイナス思考は人生そのものをマイナスにしてしまう!

第3回目となる今回は、美容専門学校を卒業し、プロフェッショナルなIKKOさんの原点となった、高級美容室サワイイでの修行時代を中心にお聞きします。

■美容専門学校時代のIKKOさんについて、聞かせてください。

1422935194-62cb4a4b4926f8e2cd05ace74c0fe86e

美容学校は、私の学生時代の中では一番楽しい時間でした!それは、同じ目的を持った人達が集まり、私のやるべきこと、居場所はここだ!と思えるところだったからです。
大の勉強嫌いだった私が、授業中の先生の話に夢中になって聞いている感覚も初めての経験で、好きな事にはこんなにも集中できるんだと思えた時間だったような気がします。

■美容学校を卒業後の、高級美容室サワイイでの修業時代について聞かせてください。

美容学校で1年学んだ後に、県外就職と言う形で横浜の元町にある当時、高級美容室でインターンを始めました。
元町は歴史的に外国とのつながりが深く、私が修行を始めたころも港町横浜の社交場としてにぎわっていて、外国人がとても多い町でしたね。
また川を挟んだ先には横浜中華街があり、狭い地域に西洋と東洋の文化が共存していて、九州の炭鉱町から出てきた私には、「日本にこんなところがあるんだ」と本当に驚きでした!
サワイイは、そんな元町の外国人のご婦人方がパーティーに行く前に髪をセットしにくるような高級美容室で、そこで私の修行時代が始まったんです。

その修行の厳しさと言ったら想像を絶していましたね!
まず、初日に寮に行ったら、私のご飯がなかったんです。「働かざる者食うべからず」ということで、まだ働き始めていない私に出すものはない、ということだったんですね。
それまでは、実家で当たり前に食事が出てくる生活をしていたので、その時に感じた衝撃は今でも忘れられません。(後で、ご飯は出してもらえましたけどネ!)サワイイでは技術的にも多くのことを学びましたけど、住み込みの寮で生活する中から、プロとして仕事をする厳しさや周りへの気配りの大事さなど、大切なことを沢山学びました。

■厳しい修行を辞めずに続けられたのはなぜですか?

美容学校からサワイイを紹介してもらったときに、後に続く学生のために5年は絶対続けてくれと言われていたので、5年間は必死で食らいついていこうと思っていました。
でもね、続けられた一番の理由は、先生の奥様が怖くて「辞めたい」なんて言えなかったからなのよ(笑)
とても怖い奥様だったけど、私が病気をしたときにはおかゆを作ってくれたり、愛情もかけてもらえたから、この人に付いていこうという気持ちは強まりました。

はじめは、5年経ったらフリーのヘアメイクとして働きたいと思っていたんですけど、結局サワイイには8年いたんです。でもその8年の経験があるからこそ、今の私があるのは間違いないので5年で辞めなくて良かったなと思います。

■厳しい修行時代にも感謝できる、そうしたIKKOさんから感じる前向きな部分は、いつ頃から身につけられたものですか?

私も昔は自分に起こることをなんでもマイナスに捉えていたんです。修業時代も当時は本当に辛くて逃げ出したかった。でも、そういう風にマイナスに受け止めること自体が、人生をマイナスなものにすることが分かったの。
そこからは、ポジティブに生きることを心掛けてきました。
その本当の意味を分かるようになったのは、経営者になってからです。

■IKKOさんが思うポジティブというのは、どういうことですか?

1422935193-beef6976a852eefbaa2f5d993fcdc90c

私が思う「ポジティブ思考」というのは、自分に起きたマイナスの出来事を一旦きちんと受け入れて、それをプラスに変えていける人のことです。
一番ダメなのは、ネガティブなことを受け入れずに、なかったことにして次に進んでしまう人。それは偽物のポジティブ思考だと思うの!
例えば、「あなたとは、もう仕事をしたくない」と言われるとするでしょ?
まずは、そう言われた理由、問題を見つけて、受け入れなくてはいけないんです。でも、「私と合わなかったんだわ」と簡単にスルーしてしまう人がいるのよね。これは絶対ダメね。まさに、偽物のポジティブ思考。
本物のポジティブ思考というのは、指摘されたことをいったん受け止めて、それをどう自分の向上につなげられるかを考えることを言うんだと思います。

■IKKOさんも、たくさんの辛いことを乗り越えて今のポジティブ思考に辿り着かれたんですか?

そうですね。辛いことは沢山あるけれど、それをスルーしてもよくないし、逆にいつまでもくよくよ引きずると自分のエネルギーがなくなっていきますよね。
それよりも、一旦受け入れて、それをポジティブに変えていくほうがずっと良いんです。
辛いことを受け入れるというのは大変ですけれど、それを乗り越えていくと必ずいい事も沢山あると思うから!

この記事を読んでいただいている皆さんも、辛いことがあったときに、あっIKKOさんも辛いことがたくさんあったけど、それをプラスに変えているんだな、って思い出してもらえたらとてもうれしいです。
皆、大変な事は沢山あると思うけれど頑張っていきましょうネ!!

ママ達に愛をこめて IKKO

ありがとうございました!
偽物のポジティブ思考と言う言葉に、ハッとしました。
負のものを一旦受け入れる強さを身に着けたIKKOさんだからこそ、今のご活躍があるんですね!
次回は、IKKOさんが経営者となった時のお話を伺っていきます。
お楽しみに。
(取材・文:上原かほり)