life

子連れで居酒屋にいった山田優さんと「産後クライシス」について考える

宴会

生後2カ月のお子さんを連れて、居酒屋に行っていたことが報道された山田優さん。この件については小さな子どもを連れて行く場所としてどうなのかという否定的な声や、子どもにしっかり配慮しながらであれば子育ての息抜きのためにも問題ないのでは、という肯定的な意見がありました。

山田さんはモデルとして活躍し、その後は人気俳優の小栗旬さんと結婚し出産。誰もがうらやむ人生を送っているように見えますが、初めての子育ては誰でも不安やストレスがたまりやすもの。気心が知れた知人や友人たちとリラックスした場で会話することも必要だったのかもしれませんね。

出産後に夫婦関係に危機が訪れることを「産後クライシス」といいます。具体的には、妻がお母さんにしか見えなくなる、子供に愛情がすべて移ってしまい夫が孤独を感じる、体型の変化などで妻に性的魅力を感じなくなる、などがあります。

いまや新たな社会現象だという声もあるこの「産後クライシス」。防ぐためには、夫が妻の気持ちを理解する努力をする、ことが必要になります。「なぜ自分だけが大変な思いをしなければならないのか?」という妻の辛い心情に寄り添い、お互いがかけがえのない存在であることをもう一度、謙虚に見つめ直すことも必要。出産は、たまたま男性には出来ない経験、でしかないのですから。

かねてから小栗さんはトーク番組などで、結婚生活の窮屈さを正直に嘆くことがありましたし、「家庭を持っても個人として自由に生きたい」などと発言していました。しかし、子育ては大変な仕事です。夫婦不和やネグレクトなどが起きないようにするためにも、ストレスを発散させる場所や息抜きの時間がとても大切です。

楽しく育児をするためにも、夫婦がお互いにストレスをためないよう思いやることは、自分たちのためでもあることをしっかり再確認して欲しいと思います。小栗さんと山田さんご夫婦も、誰もがうらやむ素敵なご家庭を築いていただきたいと思います。

1月22日:記事を一部加筆修正

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/