life

徳澤直子さんと西岡選手の離婚から見る「お金」と「子供」の問題

Torn apart

モデルの徳澤直子さんが、阪神タイガースの西岡選手との離婚を自身のブログを通して発表しました。
2009年に交際を始め、2010年に結婚されたこのお二人、離婚協議中という噂が流れたのが2011年ですから、もしかしたら交際し結婚をしていた時間より、離婚の話し合いをしていた時間の方が長かったのかもしれません。

西岡さんご夫婦には3歳のお子さんがいますが、親権は母親である徳澤さんが持つことに決まったようです。離婚にいたる協議が長引いた理由をお二人は明かしていませんが、一般的には「お金」「子供」で折り合いがつかずモメるケースが多いものです。

お金の問題も重要ですが、「親権者」が決まらなければ離婚届を提出することが出来ないため、親権をめぐる話し合いはとても重要になってきます。いわゆる「親権争い」です。

子供に関する親の権利や義務については下記のようなものがあります。

1)親権・・・親が子どもに関して持つ権利・義務のこと
2)監護権・・・子供を監護・教育する権利で親権の一部。
親権者が監護者を兼ねる場合が多いが、別にすることもでき、監護権を持てば子供を引き取れる。監護者は戸籍に記載されない
3)面会交流・・・子どもと離れて暮らしている父や母が子どもと定期的、継続的に、会って話をしたり、一緒に遊んだり、電話や手紙などの方法で交流すること

子供が小さいうちは母親が引き取るケースがほとんどですが、最近は父親が親権を持つケースも増えてきています。
親権と監護権を分ける場合もあり、子供の年齢や環境など、夫婦できちんと話し合い、子供にとっての最もよい選択をする必要があるでしょう。

徳澤さんは「我ながら頼りない母親だなと感じておりますゆえ、親権者としての責任を感じながらの日々、母親業にも邁進していこうと思います」とコメントしています。
離婚に関しては「相手の方には感謝しておりますし、素敵な人生を歩んでいただきたいと思っています」と西岡さんへの感謝と、前向きな気持ちが感じられるコメントを出しています。

とはいえ、離婚協議が長引いたのも事実。結婚するよりも何倍もエネルギーが必要とよく言われます。今や離婚は決して珍しいことではなくなりました。しかし経験者が揃って「離婚は大変」というように、気力・体力を消耗する、人生の大きな分岐点であることは確かでしょう。

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/