manga

「歯磨きを嫌がらない我が子」に起きた異変 #育児の新発見

離乳食が始まり、早々に歯磨きのトレーニングを始めましたが、我が子は歯磨きを嫌がりませんでした。

おやおや? 聞いてた話とちがうぞ?

子どもって歯磨きをもっと嫌がるものではと思いつつも、笑顔で歯を磨かれる我が子に、胸を撫でおろした生後5か月。

時は流れ、子どもの自我と好奇心が強くなってきたころ、異変が起きました。
あんなに笑顔で磨かれていたのが、口を強く紡ぎ、

「絶対に磨かせましぇん!!!」

という頑なな態度。

無理に磨こうものなら大暴れ。

固い口は開かれることがないまま、なんとかガーゼをまとった指を滑り込ませ
歯を拭ってあげるのみに留まるような日も少なくありませんでした。


離乳食はすでに3回食となり、歯も順調に生えてきています。

このままでは歯に絶対によくない。

そう思っていたある日、事態は思わぬ方向へ。

自我が強くなってきた我が子は、触りたいものを絶対に触りたい! と暴れます。
徐々に「歯ブラシを触りたい」という気持ちが強まり

ついに私から奪い取るようになりました。

そうなるとお手上げ。奪い返すと怒って泣いてしまうし、

なんといっても歯ブラシを持ったまま高速ハイハイで逃げていくので一苦労。

普通の棒状の歯ブラシなので危ないし、どうしたものかと思っていたところに

我が家にはもう一本歯ブラシがある事を思い出しました。

それは赤ちゃんが喉をついてオエっとならないよう、ストッパーのついている短めの歯ブラシ。

せめてこっちを持ってもらおう!と取り出しました。

短い歯ブラシをつかんでる間に長い歯ブラシで磨く。

途中で「やっぱりそっちよこせ」と催促されれば仰せのままに、今度は短い歯ブラシで磨いてあげる。

「歯ブラシをいじりたい!」という欲求を満たしてあげることで

また歯磨きをスムーズに遂行出来るようになりました。

今では自分で口に運び、かじかじちゅぱちゅぱできる我が子。

自分でそうしてる間に、もう一本の歯ブラシもお邪魔して、「同時仕上げ磨き」が最近のトレンドです。

ちなみに、のどに届きにくい子ども用の歯ブラシより、普通の歯ブラシのほうがお気に入りの我が子。

自分で普通の歯ブラシを動かし、子ども用でママが磨いてあげるので

歯ブラシにストッパーが付いている意味が既になし。次からは普通の形の歯ブラシ一択になりそうです。

 

文、イラスト・んぎまむ

関連記事

泣き叫ぶ我が子、他人事の旦那。寝不足の頭で考えたのは…… #本当は怖い育児の話
これは私の知り合いの話です。 希望通りの素敵な結婚式を終え、甘い生活。 子どもにも恵まれ、これから楽しい暮らしが待っているはずでした。 大変だったけど充実した妊娠生活を終え出産、 ...
夜遅く、仕事から帰ってくるパパへ #パパにも知ってほしい
赤ちゃんが産まれてからというもの、 どうにもバタバタしてしまってやりたい家事すべてに手が回りません。 しかしママとしては、日中赤ちゃんが過ごすスペースだけでも 毎日掃除機をかけたいですよね。...
我が子のおしりをくんくん においの正体は? #イラッとした旦那の行動
赤ちゃんのおむつのにおい。 敏感に感じ取りますよね。 特にうちの子はおむつ関係で泣かないので 時間やにおいで交換してあげないといけません。 んん!? 不穏なにおい!! ち...