entertainment

映画『マエストロ!』完成試写会レポート!

maestro5

■松坂桃李さん、miwaさん、西田敏行さん、小林監督が完成試写会に登壇!

天才ヴァイオリニスト・香坂役に挑戦した主演の松坂桃李さんは、「今日は日本の音楽映画に新しい風を吹かせにやって参りました!」と意気込みを語り、謎の指揮者・天道を演じた西田敏行さんは「血の出るような努力で、(私は)血の出るような指揮ぶりで作り上げた作品です。観終わってお帰りの時には心にぽっと暖かい炎が燃えていると思います」と本作への思いを語られました。

maestro1

■ヴァイオリン1年猛特訓の松坂「劇場がコンサート会場に変わる瞬間を体験してもらえたら」

松坂さんはヴァイオリン演奏について聞かれると、「1年前から練習し、最初は難しさもわからないので、『耳をすませば』の天沢聖司くんみたいでかっこいいなとだけ思っていましたが、練習を重ねるにつれて口数が減っていく、そんな地獄の日々を過ごしていました(笑)」と当時の過酷な練習を振り返りました。

また西田さんは松坂さんについて「集中力がすごい。ありきたりな音楽映画じゃないですよ。本当に彼を観てもらいたい」と大絶賛!
これまで数ある役柄を演じてきた西田さんは、指揮者役について「一度はやってみたいと思っていました。TV等でみているときに指揮者はどの演奏でもすごい!“汗をかきながら陶酔する姿に、指揮者は何を見て何を感じているのだろう?”と俳優として知りたかった。今回演じてみて、陶酔した世界を垣間みれた気がします」と本作への特別な思いを語られました。

■会場に11億円相当の世界最高級のヴァイオリンが登場!!

maestro2

そして会場には、11億円相当という世界最高級のヴァイオリンの王様「ストラディヴァリウス」が登場!
伝説のヴァイオリンを手にした松坂さんには、緊張しながらも実際にロングトーン(同じ音を一定間弾く)を生披露し、「強く押さえずとも、自然にヴァイオリンに吸い寄せられるような感覚になりました」と名器演奏の感想を語られました。
その後、一般的なヴァイオリンと、ストラディヴァリウスの聴き比べにも挑戦してもらうと、西田さんは「こんなにクオリティの高い試写会は初めてですよ!」と思わず驚きの声。
ストラディヴァリウスの音色が響き渡り、違いについて聞かれると、松坂さんは「違いがすぐにわかりました!音の繊細さがガラスの様で透明感がありびっくりしました」と語り、音楽家でもあるmiwaさんも「音に深みがありましたよね」とその違いに驚きの面持ちでした。
最後に松坂さんは「全員が血の滲むような日々を送って作った愛のある作品です。これからこの劇場がコンサート会場に変わる瞬間を是非体験してもらえたらと思います」と笑顔で締め括りました。

ゲストの方による挨拶終了後、いよいよ試写会。
観た感想については、ママスタサポーターがレポート致しますのでぜひご覧ください☆
また、こちらの映画『マエストロ!』は、2015年1月31日(土)より全国ロードショーです!ぜひ、ご家族やお友達と観にいってみてくださいね♪

<映画『マエストロ!』ストーリー>

若きヴァイオリニスト香坂のもとに、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。復活コンサートはわずか1か月後。だが練習場は廃工場、集まったメンバーは再就職先も決まらない「負け組」楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね。久しぶりに合わせた音はとてもプロとは言えないもので、不安が広がる。そこに現れた謎の指揮者、天道。彼こそが再結成を企画した張本人。経歴も素性も不明、指揮棒の代わりに大工道具で指揮をとる。その自分勝手な進め方に、楽団員誰もが猛反発!だが、練習を重ねるうちに天道の作り上げる世界に、気付けば誰もが引き込まれていた。そして、迎えた復活コンサート当日、楽団員たち全員が知らなかった、天道が仕掛けた“本当”の秘密が明らかになる――。

maestro3

maestro4

出演:松坂桃李 miwa 西田敏行 古舘寛治 大石吾朗 濱田マリ
監督:小林聖太郎
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2015『マエストロ!』製作委員会 (C)さそうあきら/双葉社

⇒公式HPはこちら

http://maestro-movie.com/