manga

1年間ありがとう!娘と『キラキラ☆プリキュアアラモード』との歩み #育児の新発見

2017年の2月から始まった『キラキラ☆プリキュアアラモード』。

放送の開始当時、娘は3歳。アンパンマン一筋だった我が子は初回放送を見るやいなや、「プリキュア教」へと入信いたしました。

先輩ママさんたちから「アンパンマン卒業したら次はプリキュアだね~」とは言われていたのですが、こんなにコロリと心が入れ替わるのかと驚きでした。

そんなプリキュアと共に歩んだ1年間の記録をダイジェストでお届けします。

2月前半:「出会い」その日から録画のエンドレス再生が始まる

2月後半: 「ケーキ」への熱い気持ちを発散

3月前半: 1回だけだよ!クレーンゲームでまさかのゲット

3月後半: 映画館でもらえた「光るミラクルライト」に大興奮

4月前半:入園祝いのキャラデコケーキが嬉しすぎて言葉を失う

4月後半:キュアマカロンに乗り換え、持ち物が全て紫色へ

5月:「2人目の出産入院でママがいない間もがんばる!」という名目で「スイーツパクト」ゲット

6月:元気のない娘を実母がおもちゃ屋に連れて行った結果

7月: タイミングが絶妙すぎる!「キュアパルフェ」の登場

8月: 「キャンディーロッド」ゲット!朝から晩まで振り続ける

9月: ミスドのキッズセットに「プリキュア」が登場

10月: 娘、将来の夢が決まりました


プリキュアになるにはどうしたらいいのかを親子で考え、とりあえず「保育園と学校にちゃんと行く」に落ち着いた。(よかった……)

11月: 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』を観る


わたしも大いに楽しみました……。よかった……。

12月:「キラキラパティスリー(風)」が我が家にやってきた


クリスマスケーキはまた自分でデコレーションしてました。

娘がプリキュアと歩んだ1年弱の歩みは以上です。

わたし自身昔から「プリキュア」シリーズを見ていたのですが、子どもが好きになると、こんなにも作品との距離感が変わることになるのですね。勉強になりました。

財布的には大打撃(笑)な一方で、楽しい1年でもありました!
娘と一緒にプリキュアでキャーキャーはしゃぐ喜び。まさにプライスレス。

5月にわたしの2人目の出産があり、以降は娘をあまり構ってあげれなくなりました。二人目ができてからの新生活、(いま思えば)娘もわたしもお互い不安定な時期でした。

しかし、わたしが新生児にしか注力できない時期、娘の寂しい気持ちをプリキュアがサポートしてくれたように思います……。

実母が「ママ余裕がないから寂しいだろうけど、プリキュアのように強い心で乗り越えようね!」という呼びかけをし、それに娘が健気に答えていたのを覚えています。

2018年1月の現時点ではまだ最終回まで放送されていません。しかし最終回を観たらきっと私自身も泣いてしまいそうなくらいに、思い出深い作品となりました。

娘のはじめてのプリキュアが『キラキラ☆プリキュアアラモード』でよかったです。

ありがとうアラモード。娘とわたしの心にキラキラルをたくさん届けてくれました。

来期の『HUGっと!プリキュア』も楽しみにしています。
よし、そしてまた散財するぞ~!!(笑)

 

文、イラスト・さど

関連記事

「生まれて来なければよかった」3歳の息子の唐突な発言 #ママの心の葛藤
3歳の「太郎」と来月2歳になる「次郎」の年子男子の母です。 夏ごろからパートに出て働き始めました。現在保活中の為、私が働いている間、子どもたちは、私の実家でおばあちゃんに面倒を見て貰っています。...
これが我が家の「アップルパイ最終形態」 #時間と戦うママたちへ
息子はアップルパイが大好きです。 アップルパイの事を「あっぷっちー」と言うのですが、保育園でも家でも口癖かのようにあっぷっちーあっぷっちー言っています。 そもそも息子にアップルパイ...
雨の日の大失敗で「九死に一生を得た」話 #産後に気がついたこと
「前車の覆(くつがえ)るは後車の戒め」 ということわざをご存知ですか? 前を進む人の失敗は、あとから来る人の戒めとなる、という意味です。 先日、大失敗をして九死に一生を得たわたくしが...