life

チョコレートを食べ過ぎると「ニキビ」ができるって本当!? 医師が語る「スキンケア」に関する正しい知識とは

pixta_20582864_M

育児中は毎日のスキンケアに時間はかけられないけれど、鏡でお手入れされた肌を見ると気分が上がるもの。人によってその方法はさまざまですが、「チョコレートを食べ過ぎるとニキビができる」「胃腸が悪いとアゴや口周りのニキビが増える」など、なんとなく聞いたことのある情報ってありますよね。今回は、そんな肌に関する8つの都市伝説の真相を、ゴリラクリニック総院長 稲見文彦(いなみ・ふみひこ)先生に解説していただきました。

1. 洗顔用のブラシやスクラブ洗顔は汚れが落ちて肌に良い?

ゴリラクリニック総院長 稲見文彦先生

ゴリラクリニック総院長 稲見文彦先生

洗顔時に使うブラシや、細かい粒子を含んだ洗顔料で顔を洗うスクラブ洗顔をすると、顔の毛穴に詰まった汚れが綺麗に取れて肌に良さそうですよね。しかし、稲見先生によると間違った方法なのだそうです。

『スクラブ洗顔やブラシを用いた洗顔は洗浄力や物理的な刺激が強すぎて、肌トラブルの原因となる恐れがあるためお勧めしません。低刺激の石けんや泡立てネット等を使用し、しっかりと泡立て手と肌が触れ合わない程度に「泡」で優しく洗うのが正しい洗顔方法。また洗顔後は適切な保湿が必要なのは言うまでもありません』

2. 洗顔は、1日に「朝夜2回」するのが肌にいいの?

夜の間に出た皮脂や寝具の汚れなどを洗い流すため、朝晩2回の洗顔がいい……このような内容の化粧品を目にしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。実際はどうなのでしょうか。

『ケースバイケース。オイリー肌の方と乾燥肌の方では洗う頻度も異なります。ただし「現代人は洗顔しすぎ」であることは間違いなく、「夜に洗顔し、朝はぬるま湯で洗い流す程度」といったぐらいが丁度よいのも事実。過剰な洗顔は美肌づくりにはお勧めできません。とくに大人ニキビは洗いすぎで悪化することがあるため、洗顔回数は注意が必要です』

肌のタイプによって洗う頻度を変えた方がいいとのこと。洗いすぎていたという方は、朝は洗い流す程度にしましょう。

3. 洗顔時は「お湯」よりも「水」で洗った方が肌に良い?

寒い冬は特に暖かいお湯で顔を洗いがち。でも肌にとっては、お湯と水のどちらで洗うべきなのでしょうか?

『正確には「ぬるま湯」で洗うのがベストです。冷たい水で洗うと交感神経が刺激され目覚めの効果がありますが、毛穴も収縮するため洗浄効果が劣るデメリットも。また熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を落としてしまうため乾燥肌の原因となります。【ぬるま湯+泡洗顔】がベストチョイスです』

4. チョコレートを食べ過ぎると「ニキビ」ができる?

これはよく聞く話で、実際にご自分でも経験のある方もいるかもしれません。しかし稲見先生によると、肌荒れとチョコレートの因果関係は明らかではないのだそうです。

『いわゆる俗説です。チョコレートの食べ過ぎとニキビの因果関係は不明です。ただし、栄養バランスを考えた規則正しい食事が、ニキビ予防にプラスに働くことは間違いないでしょう』

5. 胃腸が悪いと「アゴや口周りのニキビ」が増えるの?

胃もたれが続くとき、便秘に悩まされるときなどに肌荒れを経験した方もいるかもしれません。稲見先生によると、胃腸と肌との関係はありますが、胃腸が悪いから口回りにニキビができると言い切ることは難しいとおっしゃいます。

『「皮膚は内臓の鏡」と言われます。皮膚症状の他に内科的な症状が見られる場合、またその二つが同時に悪くなったり良くなったりする場合は、皮膚を診るだけでなく内臓疾患を疑う必要があります。暴飲暴食を避け栄養バランスの良い食生活を送ることが、ニキビ予防に繋がると同時に胃腸にも良い影響を与えるのは間違いないのですが、逆に「胃腸が悪い=口回りにニキビができる」と言い切るのは難しく、医学的な証拠には欠けると思います』

6. ファストフードなど油分過多な食事はオイリー肌の原因になる?

油っぽいものを食べると肌もオイリーになると聞いたことはありますよね。実際はどうなのでしょうか?

『たまに食べる程度であれば良いのですが、基本的にファストフードは栄養バランスが偏りがち。特に動物性脂肪分が多く含まれ、オイリー肌の原因になるだけでなく長期的に見れば高血圧、高コレステロール血症などの生活習慣病の原因にもなりえます』

ファストフードの食べ過ぎはオイリー肌になるだけではなく、健康面でも問題があるとのこと。食べる頻度は抑えたいですね。

7. 鼻の角栓をとるパックを定期的に使用すると角栓がとれて美肌に良い?

小鼻に詰まる白い角栓。気になると取りたくなり、しっかり取れたことが確認できるパックは病みつきになる方も多いとか。しかし肌への影響はいいものではなさそうです。

『角栓が手軽に取れるとして人気の鼻パックですが根本的な解決にならないばかりか皮膚への負担を考えると医師としてはお勧めできません。医療機関で医療従事者によるケミカルピーリングやコメド圧出等、適切な治療をお受けになるのが良いでしょう。ただ人によっては、ごっそりと取れた角栓をみてストレス解消になる等、違った喜びがあるかもしれませんね』

8. 自宅用の脱毛器で、永久脱毛はできる?

家電製品の中にも脱毛のできるものがありますが、永久脱毛はできるのでしょうか? 稲見先生によると、家庭用の脱毛器やワックス脱毛などは永久脱毛にはならないそうです。

『「毛を生成する組織を破壊する=医療行為」にあたり、もしも医療機関以外脱毛効果が得られた場合それは違法行為になります。永久脱毛が可能なのは医療機関での「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」のみ。その他の(ワックス脱毛や光脱毛など)では永久脱毛にはなりません。家庭用の脱毛器も同様です。効果を実感できないで終わるか、一時的な減毛に留まるまでが限界です』

毎日のスキンケアは、なんとなく聞いた噂ではなく、正しい知識が大切ですね。医師の回答を参考に、ぜひご自分のスキンケアについて見直してみてはいかがでしょうか。

 

文・山内ウェンディ

関連記事

ガッサガサの手が悲しい。あなたのスキンケア、教えて下さい!
結婚する前はツルツル&スベスベの手だったのに、日々の家事をしているうちに気がつくと手や指がガサガサになっていた…なんてことはありませんか? 特に乾燥する季節は、パックリと割れたり血が滲...
手洗い・うがいだけでは不充分!?医師が教える効果的な「インフルエンザ対策」とは?
日頃から子どもにうがいや手洗いをさせているママも多いと思います。インフルエンザの流行シーズンには、いつもより徹底して行っているかもしれませんね。 インフルエンザの予防対策として大切な手洗いと...
肌の保湿剤「ヒルドイド」、使っているのは子ども? それともママ?
皮膚の乾燥を防ぐための保湿剤ヒルドイドやワセリン。乾燥肌の子どもを持つママなら、何度かお世話になった方もいるかもしれませんね。これまでヒルドイドなどの保湿剤は保険適応として処方されていたのですが、20...