life

親の心にも響く「娘に伝えたい10か条」 #SNSウォッチ

SNSで話題になっているものや、友人から紹介されるものに胸打たれることがあります。

つい先日も、インスタグラムで話題になっている投稿がありました。

現在3歳の娘を育てる筆者は、育児本や女の子の育て方といった類の本を意識して読むことはないのですが、「娘に伝えたい10か条」として紹介されている言葉はひとつひとつ、心に刻みながら読みました。

『依存すると離れるから自立をしなさい』

『白馬の王子さまはいないから そばにいる人を大切にしなさい』

『相手の言葉だけではなく行動を見なさい』

『失敗しても良いから何度でも立ち上がりなさい』

『一人では生きていけないから甘え上手になりなさい』

『自分と同じ人を引き寄せるから自分を磨き続けなさい』

『泣きたいときは泣きなさい』

『最後はいつも笑いなさい』

『もしも結婚するなら一番想ってくれる人としなさい』

『もしも家庭を築くなら「ありがとう」があふれるように どんなことが起きても幸せになるのを諦めないように つらいことは乗り越えたときに 自分のためにも誰かのためになる 誰かに遠慮しなくていいから 自分を信じて前に進みなさい』

筆者も娘が「自分を信じて前に進める子」に育ってくれたら良いなと思いながら読みました。

投稿には「娘に伝えたい10か条」というタイトルがついています。しかしこの言葉に込められた想いは、娘さんを持つ方だけでなく、息子さんを持つ方にとっても響くことがたくさんあると信じます。

子どもを育てる多くの方に、この言葉が届きますように。

 

文・鈴木じゅん子

※投稿および画像はyumekanau2さんから許可を得て掲載しています

関連記事

「あのときの言葉のお陰で、働くママを頑張ろうと思えるようになりました」 #あの人に今ありがとう
日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるような...
初めての育児、行き詰まったときに効いた母の言葉
出産前は、赤ちゃんが生まれたら、大変だけれど幸せいっぱいの生活がやってくるんだろうな、なんて夢を見ていましたが、実際のところ、幸せいっぱいな生活は筆者にやってきませんでした。初めて向き合う自分...
「他律」ではなく「自律」。トイトレで行き詰まった私が救われた言葉
みなさんが我が子に身につけてほしいことは何ですか? トイレで用を足す、着替えをする、箸をもつ……数え上げるとキリがないかもしれません。親である以上「しつけ」という仕事は常につきまといますよね。子どもの...