pregnancy

陣痛より痛いって本当?知っておきたい後陣痛の症状

Frau mit Bauschmerzen

後陣痛とは、産後数日間にみられる下腹部の痛みです。出産後の子宮の急激な収縮が原因といわれていて、特に経産婦さんは強い痛みを感じる傾向にあり、授乳時に痛むこともあるようです。生理的な後陣痛は、子宮の戻りがよいということなので、特別治療の必要はありません。しかしこの後陣痛、感じ方に個人差があり、人によっては陣痛より辛い、と感じる人もいるようです。

■どうだった?後陣痛の現実

予想外の後陣痛。先輩ママはどのくらいの痛みを感じたのでしょうか。

『二日間くらい痛かったなぁ。 赤ちゃんに乳首くわえさせてるとさらに痛くなってうーうー唸ってた。』

『痛かった!すーごい痛かった!冷や汗止まらなかった。』

『全くなかった。一人目も二人目も、子宮の収縮かなりいいよー!って言われて、これだとかなり痛いでしょ?薬も出せますよ。って言われたけど全く。』

■産むたびに強くなるって本当?

経産婦さんの方が産後つらいと言われていますが、実際はどうだったのでしょう。

『産むほどに酷くなるって聞いたけど本当だと思ったよ。三人目の後陣痛は酷かった。あまりにも痛むときは収縮剤飲まくて良いよって言われたからそうしたよ。激痛で眠れないし、授乳で寝不足だし泣きそうだった。痛いのは3日くらいだったけどね。』

『一人目は全く痛くなかった。二人目は薬を飲むたびもがく程痛かった。三人目妊娠中の今、陣痛よりも後陣痛が怖い。 』

『5人目でやっと痛いなーと感じた(笑) 3日目にはおさまったよ。 6人目はどうなることやら。』

大事なことは、後陣痛は子宮収縮のサインだということ。体が産前の状態に戻ろうとしてるという証拠のようです。赤ちゃんの成長とともに大きくなった子宮がまた元の大きさに縮もうとしているので、痛みが伴ってしまう方が多いようですね。産後後陣痛があまりにつらい場合は、遠慮なく助産師さんに相談してみましょう。

参考トピ(by ママスタジアム)
後陣痛ってずっと痛いの?