life

私ってどんなママ? 1分でできる「親子☆絆チェック」

main

2017年10月1日よりサービスが始まった「まもレール」。「ストレスなしで子どもの見守りができる」との声がある中、公式サイトに新たなコンテンツがアップしました。その名も「親子絆チェック」。簡単な質問に答えていくだけで自分がいったいどんなママタイプなのかを診断できる、というものです。

ひとりで電車に乗る子どもを見守るサービス「まもレール」とは

sub3

「まもレール」は電車にひとりで乗る子どもを持つ保護者に向けた、改札通過通知サービスです。子どもが対象駅の改札機を通過すると、登録しておいた保護者の携帯端末に「利用駅」「通過時刻」使用したICカードの「チャージ残額」が通知されます。

「うちの子、ひとりでちゃんと乗れるのかな?」と心配な小学生ママにはもちろん、「適度な距離感をキープしながら見守りたい」という中高生ママも利用できます。改札通過時の情報だけが通知されるため、子どもにとっては親からの監視を感じにくい&親にとってはストレスなく居場所の把握ができるのがポイントなんです!

「親子絆チェック」きっちりしっかりorとことんマイペース?

公式ホームページでは子育て中の保護者に向けたさまざまなコンテンツを予定する中、先日公開されたのが「親子絆チェック」です。

用意された9問の質問に答えていくと「しつけきっちりママ」タイプや「どこまでもマイペースママ」タイプなど、自分がどんなタイプの母親なのかが診断されます。「まもレール」に申し込んでいない人でも利用できます。

「本当に当たっているの?」と思われるかもしれませんが、筆者が実際に試してみたところ「たしかにそうかも……」と思えるような結果が出てきました! それもそのはずで、「まもレール」共同提供者である「セントラル警備保障」が行った、マーケティング調査から抽出されたデータがもとになっているのだそう。さらに監修は「一般財団法人日本子育て心理カウンセラー協会」と、こちらも強力な布陣です!

診断結果画面にはタイプだけでなく、子どもとの関わり方・見守り方に関するアドバイスも掲載されています。今後の参考になりそうですね。

JR山手線・中央線(東京~高尾)でサービス実施中の「まもレール」は、2018年春までには順次エリアを拡大し、首都圏244駅にて利用開始予定です。小学生、中学生、高校生(満18歳の年度末まで)が対象で、利用料金は月額500円(税抜)から。申込方法など、詳細は「まもレール」オフィシャルサイトをごらんください。

文・鈴木麻子

関連記事

JR東 子ども見守りサービス「まもレール」が待望のスタート!
ICカードの「Suica」「PASMO」を使った、子ども見守りサービス「まもレール」が10月1日(日)よりスタートします。まもレールとは、子どもが「Suica」や「PASMO」で対象駅の自動改札を...
子どものお留守番、ひとりでできるようになったのはいつから?
子どもだけでの初めてのお留守番は、ママにとっても初めての経験です。もし家のなかでトラブルがあったら、もし知らない人が訪ねてきたら、万が一災害が起きたりしたら……? うちの子は大丈夫かしらと不安にな...
「第11回キッズデザイン賞」優秀作品が決定! ぜひ使いたい、子どもに優しい商品・サービスとは?
先日、第11回「キッズデザイン賞」の受賞作品の中から最優秀賞などの優秀作品34点が発表されました。キッズデザイン賞とは、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動...