manga

「あのときの言葉のお陰で、働くママを頑張ろうと思えるようになりました」 #あの人に今ありがとう

日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるような一言をかけてもらえると、この上なく救われるでしょう。

今回ご紹介するのは辛いときや、くじけそうなときに救われた一言。

思いがけない相手から元気をもらったママたちの、心温まるエピソードです。あなたは誰かに、心の支えとなるような言葉をかけてもらった経験がありますか?

今でもこのことを思い出すとあたたかい気持ちになります

私は年子で子どもを産んで、2年近く産休育休をもらい、その間はずっと子どもたちと24時間一緒に過ごしてきました。いざ仕事に復帰して保育園に子どもたちを預けるとき、周りは専業主婦の友達が多く友達はずっと子どもと一緒にいるのに、うちの下の子はまだ8ヶ月で保育園に入れてしまう罪悪感、ずっと子どもと一緒にいたのに急に離れる不安、仕事と子育て家事をやっていけるのかという不安、私は不安と心配と罪悪感でいっぱいでした。 下の子も1ヶ月たっても、離れるときは毎日号泣。 先生の話を聞くと、「床に下ろすと号泣してしまうので、ずっと抱っこかおんぶしている」と言っていました。 子どもにも無理をさせている、先生たちにも迷惑をかけている、子どもにも先生たちにも申し訳ない気持ちでいっぱいで「先生、うちの子面倒ばかりかけてしまってすみません……」と話したら「何言ってるのーお母さん。私たちは◯◯ちゃんをだっこしておんぶするのが仕事なの。だから、お母さんはなーんにも気にすることはないんだよ。最近はやっと床に降りても泣かずにいれる時間が増えたんだよ。少しずつで大丈夫だから」と言ってもらえて、いろんな不安から一気に解放された気がしました。 今でもこのことを思い出すとあたたかい気持ちになります。 その先生は他の園に移動になってしまったのですが、今でもあの先生の笑顔は忘れられません。

あのときの言葉のお陰で、働くママを頑張ろうと思えるようになりました。 不安や心配だらけだった私を助けてくれてありがとうございます! (30代前半 女性、加筆・修正の上掲載)

174E2409-DD30-4662-8162-E322CB2ADA7C

辛い通勤で、たくさんの優しい人に出会えて本当に感謝の気持ちでいっぱいです

『職場近くの保育園に子ども二人を入園させた後で引っ越しをしたため、電車で30分子どもを連れて通勤していました。混雑する時間に少しでも迷惑をかけないようにと毎日絵本を何冊も持ち歩き、小さな声で読み聞かせをしながら通勤していました。それでも機嫌が悪い日はどうしてもぐずぐずしてしまったり、下の子が泣き出してしまいいたたまれない気持ちになることもしばしば……そんなある日隣に座ったおばあちゃんが「絵本を静かに聞けるなんてえらいわねえ」と上の子を誉めてくれた後、「いっぱい読んでくれて素敵なお母さんね」と言ってくれて本当に嬉しかった記憶です。
また帰りの電車がダイヤの乱れで大変な混雑のとき、男性がスッと横に立って子どもがつぶれないようにスペースを作ってくれ、おぶっている赤ちゃんのお尻を下から支えて助けてくれました。「お母さん大変だけど頑張ろう」って声を掛けてくれてとても涙が出そうになりました。辛い通勤で、たくさんの優しい人に出会えて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

優しく声を掛けてくれてくださり、本当にありがとうございました。 (30代後半 女性、加筆・修正の上掲載)

53F0AF3A-9D8E-4D20-B9CD-54D38EFA5486

私も娘も、あなたの言葉で救われました

シングルマザーとして、娘を小さい頃から保育園に預け、仕事に明け暮れる毎日を過ごしていました。サービス業なので、土日も仕事に行くため、日曜日は自分の親に面倒を見てもらいました。平日、保育園から、「具合が悪いから迎えに来てください」と、職場に電話があったときも早退できず、代わりに親に迎えに行ってもらっていました。 娘が小学校に行くようになってもその生活は変わらず……。
そんなとき、仕事をしながら上司と「娘と一緒に過ごす時間がほとんどなくて淋しい思いをさせてしまっていて……」となんとなく雑談で話しました。そしたら、その上司は、私と歳も変わらないのですが、「子どもと過ごす時間の長さじゃなく、短い時間でもどれだけ充実した時間を送るかじゃない?」と言われたとき、「あっ、そっか。時間の長さじゃないんだ」と、心が軽くなり、泣きそうになりました。 そんな娘も今では、高校生。 今も淋しい思いをさせてしまっているけど、まっすぐ良い子に育ってくれています。 本当に上司に感謝しています。

ありがとうございます。私も娘も、あなたの言葉で救われました。感謝しています。(30代後半 女性、加筆・修正の上掲載)

家事に育児に仕事に……毎日忙しい日々を送っている中で、こんな言葉をかけてもらえたら、きっと「また明日も頑張ろう」と元気が湧いてきますね。

貴重な体験談をお寄せいただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

文・赤石みお イラスト・天城ヨリ子

【公募】あなたが「元気をもらった話」を教えてください

妊娠・出産、子育てはあなたの想像通りでしたか?

経験してみないと分からない事もたくさんあったのではないでしょうか。

あなたのそのかけがえのない経験をぜひ、出産や子育てに不安をもっている未来のママたちにシェアしていただけませんか?

ご協力よろしくお願いします。

ご自身の体験をシェアする

関連記事

辛いとき、くじけそうなときに救われた「あの言葉」#あの人に今ありがとう
日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんな時、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるよう...
「赤ちゃんが可愛いということさえ忘れかけていた私にずしんと響いた言葉でした」#あの人に今ありがとう
日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるような...
「お父さん、私とこの子を守ってくれて、ありがとう」#あの人に今ありがとう
子育ては楽しいことばかりではありません。ときには辛かったり、くじけそうになったりしてしまうこともあるでしょう。そんなときに、誰かに優しくしてもらったり、励ましてもらえたりした一言を思い出せたら、き...