life

服選びに悩むママ注目! 「BEAMS」からジュニアラインが登場

子どもの洋服はすぐにサイズアウトするのだし、安くて丈夫なのが最重要ポイント!と、ふだんは「ユニ◯◯」や「西◯屋」といったお店で購入しているママが大半かと思います。
そんな実用性重視のママでも「セールになっていたら買いたい」「たまにフンパツして買っちゃう!」という、お気に入りの子ども服ブランドがあるのでは? ただ……子ども服のサイズ展開って、せいぜい130センチくらいまでなんですよね。140センチ以降になると扱うお店が激減! 「ユニ◯◯」「G◯」や「G◯P」などのブランドならサイズがあるものの、学校でかぶりまくってしまうのが悩みです。

子ども服のシフトチェンジとなるのが、140センチサイズ

とはいえ女の子であれば、140センチ(小学校中学年くらい)以降をターゲットにしたブランドもあります。ショッピングモールではキッズサイズのお店と同じフロアに入っている場合が多いかもしれません。上記したような定番メインのブランドとは一線を画すかのように、デザイン性は高めです。フリルやレースを多用した甘めアイテム、逆にスタッズやスパンコールなどを多用したロック調など、原宿テイストの洋服が並びます。
ちなみに海外ブランド「H&◯」もこのくらいのサイズから、急にテイストが変わります。それまでは動きやすくて愛らしい洋服もあったのが、いきなり大人っぽさ・デザイン性重視へ。目を引く華やかなデザインが多いのですが、実用性という面では「うーん…」。
というわけで、シンプル好きな子には「みんなと同じあのブランドの服」くらいしか選択肢がなくなります。大人のXSサイズ、Sサイズでもいけなくはないのですが、襟ぐりが大きかったりで似合わないことも多いのです。

また、男の子であれば高学年くらいから「スポーツメーカーの服以外は着ない!」という子も。
いずれにしても140センチは子ども服のシフトチェンジ期といえそうです。

ベーシックなのに今っぽい、子ども服ラインが登場!

「子どもの洋服にそれほどお金はかけられないし、あと少し大きくなるのを待つしかないか」。そんなふうにあきらめていたママに朗報となりそうなのが、あの「BEAMS」から先日ジュニアサイズのラインが登場したこと!
大人のスタイルの押しつけでなく、子どもたち自身が好きな物を選んで楽しむことを大切にするキッズ向けレーベルのひとつ<BEAMS mini>が、これまでの「トドラーライン」(3〜7歳/90〜120センチ)に加え、「ボーイズ&ガールズライン」(8〜12歳/130〜150センチ)の展開をスタートさせました。
IMG_0808
「ベーシックなアイテムに、ほどよくファッション性を加味したデザイン」ということで、取り扱いを開始したばかりのオンラインショップをのぞいてみると、たしかに実用性に長けたアイテムが並んでいます。無地やチェック、ボーダーなど柄は定番がメイン。シルエットもシンプルですが、ちょっとだけ今風にアレンジしてあるのがさすが「BEAMS」。ガールズでもフリルやリボンは控えめで、ユニセックスに着られるアイテムが多いのも特徴的。これなら「みんなと同じ」から脱出できるかも?!

ママたちが何よりも気になる価格も、長袖Tシャツで2,000円くらい~、パンツで4,000円ほど。意外なほど良心的なので、セールを待つまでもなさそうですよ。
親子でおそろいにできるアイテムもあるそうなので、あと少し残された子ども時代をおそろコーデで満喫してみるのもおすすめです。

これまで同様アウトレット店舗での取り扱いに加え、9月29日(金)からはBEAMS公式オンラインショップでも販売をスタートしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

文・鈴木麻子