life

なすのベストな保存方法は冷蔵?冷凍?保存期間を延ばすコツ!

記事提供:macaroni[マカロニ]
11
色々なアレンジが可能で、多彩なメニューに使うことができるなすは、とても便利でおいしい食材ですよね。キレイな紫色が食欲をそそります。

そんななすを、みなさんはどのように保存していますか?なすのような夏野菜は常温保存と言われていますが、どのように保存すれば長持ちするのでしょうか?冷蔵庫に入れて保存するのは間違い?またカットしたなすは保存できないのでしょうか?

今回は、なすの保存方法と保存期間について詳しくご紹介します。

長持ちさせるには冷凍保存

12
出典:http://macaro-ni.jp/

なすは、冷凍保存が可能な野菜です。長期の保存が必要な場合は、冷凍保存がおすすめですよ。

▶冷凍保存の仕方
冷凍庫で保存するときは使うときの料理のしやすさを考えて、下記のように事前に下準備する必要があります。

1. 水洗いをする。
2. ヘタを取って食べやすい大きさにカットする。
3. たっぷりの水に10分ほど浸して、あく抜きをする。
4. キッチンペーパーでしっかりと水分をふき取る。
5. 料理をする際に使いやすい量に小分けしてラップで包む。
6. ジッパー付袋へ入れて冷凍庫で保存する。

このようにすれば、冷凍をしても使いやすくおいしい状態で保存ができます。

▶解凍方法
なすは水分の多い野菜なので、解凍するとべチャッとなってしまいます。料理するときは、解凍せず、そのまま炒めたり煮たりして調理に使います。

また、よりベチャッとさせないためには、焼きなすにしてから冷凍するといいでしょう。グリルなどで油を使わずになすを焼いてから皮を剥き、荒熱を取ってからラップに包んで冷凍保存するだけです。少し手間ですが、これだけでベチャッとなるのを抑えることができますよ。

常温での保存方法

なすは夏野菜なので、旬の時期は暑い季節。つまり常温が高温の時期のため、あまり常温保存に向いていません。とはいえ、冷蔵庫がいっぱいだったり、たくさんなすをもらってひとまず常温で保存したりする場合もありますよね。そんなときは、下記で紹介する方法で保存してください。

冬場のハウスで育ったなすは常温でも多少は保存がききますよ。

▶保存の仕方
常温で保存すると言っても、買ってきた状態そのままでは早く傷んでしまいます。常温保存の場合は買ってきた袋から出し、1本1本新聞紙で包んでください。新聞紙がないときは、キッチンペーパーでも代用が可能です。そして、風通しの良い冷暗所にて保存します。

しかし、夏場の暑い時期は特に傷むのが早いので、常温保存よりも野菜室で保存する方がよいでしょう。

野菜室での冷蔵保存方法

13
出典:http://macaro-ni.jp/

野菜室は、野菜を保存するのに最適な約6度に設定されています。冷やし過ぎによる低温障害は5度以下で起こることが多いので、野菜室の中でも温度の低い場所は避けた方が無難です。

ここからは、野菜室で冷蔵保存する方法をご紹介します。

▶保存の仕方
常温保存と同様に、買ってきた袋から出し、1本1本新聞紙かキッチンペーパーで包みます。
そしてジッパー付袋に入れて、空気を抜いて密封してから野菜室で保存すれば大丈夫です。
密封することで乾燥による劣化を防ぐことができます。

カットしたなすを冷蔵庫で保存

多めに切りすぎてしまったり、半分しか使わなかったりする場合は、どのようにすればよりおいしく質を保ったまま保存できるのでしょうか。

▶保存の仕方
切ったなすは時間とともにすぐに酸化し、黒くなってしまいます。変色すると見た目が悪くなるだけでなく、味も落ちてしまうのです。なすはカットしたら、できるだけ早めに使い切りましょう。

どうしても保存が必要な場合は、薄い塩水や薄い酢水に浸けておくことで変色を防止することができます。そのまま、冷蔵庫で保存すれば1日は持ちますが、味も落ちるためおすすめはできません。切ったなすをすぐに使わずに保存する場合は、冷凍保存の方が向いています。

なすの保存期間

14
出典:http://macaro-ni.jp/

なすは傷むと皮が軟らかくなったり、茶色くなったりしてきます。また、傷んでいるなすは切ってみると中が黒ずんでいたり、黒い斑点が出てきてしまう場合もあります。保存状態によっては表面にカビが生えてくることも。

なすはどのぐらいの期間、保存ができるのでしょうか?なすの最適な保存温度は10度から12度程度と言われています。寒いところが苦手なので、冷やし過ぎると低温障害を起こしてしまいます。低温障害とは、冷蔵保存に不向きな野菜を冷蔵庫で保存して冷やし過ぎてしまった場合に起こる障害のことです。

なすの場合、皮がくぼんだり実が黒ずんだりします。また、水っぽくなったり、軟らかくなるなど品質が劣化したり、ビタミンCの減少など栄養価が下がってしまうこともあります。

なすの傷み具合は見た目だけだと判断が難しい場合もあるので、保存期間の目安を覚えておくと便利です。

常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の場合、それぞれの保存期間についてご紹介します。

▶常温保存の場合
常温保存では、保存期間は3日程度です。常温保存する場合、先ほど紹介したように買ってきた袋のままで保存するのは控えましょう。水分が飛ばないように袋に入れるのは有効ですが、そのままでは無駄な水分も蒸発しないのでカビの原因になってしまいます。

▶野菜室での保存の場合

飲み物などを保存する冷蔵庫よりも、少し温度の高い野菜室で保存した場合は1週間程度の保存が可能です。

野菜室で保存する場合も常温保存と同様に、買ってきた袋に入れたままの保存は避けましょう。また、切ったなすを保存する場合、冷蔵庫か野菜室へ入れると1日程度は日持ちします。ただし、切ったなすは正しい保存方法をしなければ、すぐに変色するので注意が必要です。

▶冷凍保存の場合
冷凍の場合は1か月程度の保存が可能です。ただし、そのまま冷凍するといざ食べようと思ったときに切れないので、冷凍庫へ入れる前に下準備して保存しましょう。

2ヶ月の保存がきく干しなす

なすは干すことによって冷凍よりも長期保存ができるようになります。わかりやすい例として、シイタケをイメージしてください。

シイタケもしっかりと干して干しシイタケにすれば常温での長期保存が可能です。干しシイタケのようになすも干して、干しなすにすると常温での長期保存ができますよ。

▶ポイントは新鮮ななすを選ぶこと
干しなすを作るためには、新鮮ななすを選ぶ必要があります。新鮮でおいしいなすは、濃い黒紫色でツヤがあります。皮を触ると、しっかりとしたハリに弾力があり、ヘタの切り口がみずみずしく、ピンと張っているものは水分がありおいしいなすです。

また、ヘタから出ているトゲが痛いくらいで、ヘタの大きさよりも実が大きいものを選びましょう。皮に傷があると痛みやすいため、傷がないなすを探します。ヘタより実が小さいものは、成長しきれていないため味が劣るので避けましょう。このような新鮮でおいしいなすをしっかりと選んでから、干しなすを作ることをおすすめします!

▶干しなすの作り方
それでは、干しなすの作り方をご紹介します!

まずは切り方です。縦に半分か3から4等分に切ってください。細めにしたい場合は2センチ幅で斜めに切っても大丈夫です。それらをザルやネットなどに並べ、天日干しします。干す前に、切った部分に塩を軽く振ると、水分が早く蒸発して時短になります。

そして重要なのが変色の防止です。塩だけでは干しているうちに変色してしまうので、なすを切ったらすぐに薄いレモン水や薄い酢水にくぐらせてください。レモン水の目安は、水1リットルに対してレモン果汁大さじ1杯程度です。濃すぎるとレモンや酢の味がついてしまうので、必ず薄めてくださいね。

1日干すと半干しの干しなすが完成します。1日干すだけでも栄養と旨味が凝縮されて、とてもおいしくなります。さらに3日ほど干すと完全な干しなすの完成です!干しなすを料理する場合は干しシイタケのように水で戻してから使ってください。煮物やおひたし、スープの具にするとおいしく食べることができます。

▶半干しの保存は約2ヶ月
1日干すと半干しの干しなすになります。これだけで通常よりも保存期間は長く、2か月程度保存ができます。

さらに干し続けて3日ほどすれば、ほぼ完全に水分を抜くことができます。この完全に水分が抜けた状態であれば、1年も保存が可能になります。1日干しの半干し程度で保存する場合は、ジッパー付き袋に入れて冷蔵庫で保存してください。完全に干したものは、ジッパー付き袋に入れて冷蔵庫での保存、もしくは冷暗所での常温保存ができます。

ただし、完全に干せていないとカビの原因になるので、しっかりと水分が抜けていることを確認してください。また、きちんと密封しないとカビが生えたり虫が湧く可能性もあるので、ジッパー付袋の口が閉じているか必ず確認してくださいね。

長期保存でなすをおいしく食べる!

夏野菜の代表格であるなすの保存方法と保存期間の目安を紹介しました。

冷凍保存するイメージはあまりなかったかもしれませんが、便利なので、たくさん残っている場合は傷む前に試してみてください。冷凍庫がいっぱいの場合は漬物にすることで賞味期限を延ばすこともできるので、困ったときは漬物にしてしまうのもおすすめですよ。

さまざまな料理に使えるなす、上手に長期保存して、いつでもおいしく食べられるようにしたいですね。

提供元 macaroni[マカロニ]

「おいしい毎日が、暮らしを豊かにする。」をテーマに、話題のカフェやスイーツ、最新レシピやコラム、週末のイベント情報など、グルメのトレンドを配信中!
http://macaro-ni.jp/