child

子どもを怒鳴る必要はある?「叱る」と「怒る」の違い

「怒る」と「叱る」違い

「ママはいつも笑顔がいちばん」なんて話も聞くけれど、怒鳴ることなく、つねに子どもに優しく接することは至難の業だと考えるのは筆者だけでしょうか?

あなたはお子さんを「怒鳴る」ことはありますか? 怒鳴る場合、その理由は何でしょうか?

と言うのも、ママスタの掲示板にこんな質問が……。

『子どもに対して怒鳴る必要あるの?
優しく諭せば良くない?』

この質問に、5歳と2歳の息子をときどき怒鳴りつける筆者はドキリ。声を荒げた、今までの育児の場面を思い返して、あの怒鳴りって必要だったかしら? 優しく諭すように言い聞かせれば、もっとうまく対処できたかも? という疑念が湧いてきます……。
そして、このトピックに対して数多く寄せられたママたちの意見に、筆者は深く考えさせられることとなりました。
まずは、ママたちの声をみていきましょう!

つい怒鳴っちゃうけど……「怒鳴りは必要ないかも」派

育児中はついキーっとなってしまうけれど、伝え方を工夫するとか、ママが自分の気持ちをコントロールするとか、本当は怒鳴る必要なんてないのかもしれない……。そんな風に思うこと、ありませんか?

『そうだね、必要かっていわれたら必要ではない。たぶんそれより良い方法は沢山あると思う。ただ時々怒鳴るっていうか、大きな声で言っちゃうことはあるな~』

『怒鳴る必要ないかもな。
大切だからわかって欲しくてつい怒鳴ってしまうんだけどね。
気をつけよう』

『優しく言っても言うこと聞かないから怒鳴っちゃう。
自分に余裕がなかったりして怒鳴っちゃうことも多々あって、そのときは後から悪い気するけど』

怒鳴られてションボリする子どもの顔や、イライラ・モヤモヤをかかえる自分を目の当たりにすると、あ~、またやっちゃった……となるママの気持ち、よく分かります。

わが子は大切だからこそ! 「怒鳴るのもアリ」派

続いては、子どもにはしっかり伝えるべきことがあるし、そのときには怒鳴ることも必要だというママたちの意見です。

『声を荒げることだって、そこには子どもに対して伝えたい・理解して欲しいという思いがあるから。決して抑圧の為だけじゃないよ。感情がある人間だからこそ、思いの強さを表す手段の1つでもあるんじゃないの?』

『親が感情を出して叱ることって
本当はすごく大事なことなんだよ。
子どもは何も知らないと思ったら大間違い。
実は相手をよく見てるし、態度も相手によって変えるんだよ。
子育ては失敗が許されない、取り返しが付かないことも
たくさんある。
だから親は本気で叱るんだよね』

『諭された感じで育てられてる近所の小2の子。ワガママ放題で、いつもひねくれてて、悪いことしても反省の色が感じられない。
今になって、その子の親は困り果ててる様子。
これは、単なる一例だし、必ずしもってわけではないけど、諭すだけの育児って結局のところ甘々ってこと。いつも怒鳴りっぱなしだったら心配だけど、必要なときには怒鳴ることもあり。なんでもメリハリが大事』

きっとどのママも、わが子にしっかり育ってほしいという「愛情」と、しっかり育てなくてはという親としての「義務感」をもっていますよね。子どもの善悪を判断する力は未熟なため、ときたま間違ったことをしたりママの教えをすんなり受け入れるのが難しかったりもするでしょう。そのときにわが子の耳と、そして心に教えが届くよう、声を荒げることもアリなのかもしれません。

では、気になる子ども側の気持ちは?

「叱る」と「怒る」の違いを意識してみた
では、怒鳴られる側の子どもは、どんな思いなのでしょうか? 小さいころ親に怒鳴られていたというママの、興味深い2種類の意見がありました。

『ヒステリーの母親で私もヒステリーだけど、周りには素直で本当に良い子で通ってたよ。良い子でいなさいって言われてたから。ビクビクするのは命令する母親に対してだよね。基本仲良いけど顔色伺うよ、本音でなんか付き合わない』

『怒鳴られた全てが感情をぶつけられただけとは思わないし、親だって人間、感情が先走る事だってあると理解してるから、親を恨んだことはない。
むしろ共働きで忙しくても、ちゃんとここまで育ててくれたことに感謝してる』

小さいころ親に怒鳴られていたというママからのリアルなコメントに、ちょっと考えさせられました。長い目でみて、怒鳴るママを受け入れられるか受け入れられないかは、ママの思い・愛情がしっかりとわが子に伝わっているかが、重要なポイントのような気がしてきます。

「叱る」と「怒る」の違い

そして、こんな鋭い一言が投稿されます。

怒る叱るは違うけど、叱ると怒鳴るは一緒でもあるよ』

誰もが聞いたことがあるであろう怒る叱るの違い。

「怒る」は、相手の言動に腹をたて、感情のままに当たり散らす、自分本位のものであるのに対し、「叱る」は相手のためを思って、教えをしっかりと伝える、相手本位のものであると言いますよね。

子どもを怒鳴る行為そのものがOKか? NGか? ということよりも、やはりママの思いが子どもに伝わっているか? ということがキーになるのではないかしら?? と、筆者は思わずこの投稿を見てハッとしました。 自分のためにママは声を荒げているのか、そうではなく理不尽に怒鳴られているだけなのかで、子どもがママに寄せる信頼感も変わってきそうです。

育児に慣れるのは良いことだけれど、悲しいかな……いつの間にか怒鳴ることにも慣れつつあった筆者。今回筆者なりに考えたことで、怒鳴ることにきちんと向き合うよう心がけています。

怒鳴ったとき、それが叱るなのか? 怒るなのか? (あるいは、叱るべきことを怒って伝えてしまっていないか?)を、頭の中できっちり区別する習慣をつけるようにしました。
大事なことなのに、子どもが聞く耳をもてないときは、意識的に声を大きくして、理由もふまえ叱って伝えます。イライラの感情が先走り、怒ってしまったときは、後ほど「さっきはイライラしてごめんね」と伝えるようになりました。

筆者自身は「怒鳴ってしまった」、子ども側は「ただ怒鳴られた」だけで終わらせてきた、今までの無残なシーン……(泣)。叱る怒るを意識することで、筆者も子どもも気持ちの面で過ごしやすくなったように感じています。

文・福本 福子

関連記事

我が子が弱い者いじめ!? 親としてできることは?
我が子が「いじめ」をしている。その事実に気づいたとき、あなたは親としてどうしますか? ママスタでこのような相談がありました。 『自分の子が弱い者いじめをしている。 いじめはいけないことだ...
子どもを叱るとき、夫の役割は?
子どもが何か悪さをして思わず叱ったとき、旦那さんはどんな態度をとりますか? 「ママはね、こんなふうにしたから怒ったんだよ」と子どもに諭してくれる旦那さん。われ関せずとだんまりを決めこむ旦那さん……タイ...
感情的に怒るママに小学生娘から異議あり! ケンカのあとは……
毎日のように子どもを叱るママは多いと思います。私もなるべく心穏やかに子育てをしようと心がけてはいましたが、2才を過ぎて躾が増えたあたりから、叱ることが増えました。 「叱ると怒るは違うので、怒らず...
参考トピ (by ママスタジアム
子育て怒鳴る必要なんかある?