life

10月1日から育児休業期間が最大2年に延長。あなたは賛成? 反対?

pixta_21747877_M2017年10月1日より育児・介護休業法の改正法が施行されます。

育児・介護休業法の改正のポイントは以下の3つになります。

<改正内容①>育児休業期間が2年間に延長、育児休業給付金の支給期間が延長

<改正内容②>事業主は、該当する労働者に育児休業等の制度を個別に知らせるよう努力すること

<改正内容③>事業主は、小学校就学前の子を養育する労働者が育児に関する目的で利用できる休暇制度の創設に努めること

なかでもママたちが気になるのは改正内容①の「育児休業期間を最大2年間まで延長できる」という点ではないでしょうか?

育児休業期間は、原則として子どもが1歳の誕生日を迎える前日までの1年間となりますが、保育園に入れないなど止むを得ない場合は、これまでは最大1年半までの延長が認められていました。今回の法改正により、1年半だった最大延長期間がさらに半年間延長され、子どもが2歳の誕生日を迎える前日まで育児休業を取得できるようになるのです。

ママたちからは「予定通り保育園に入れなかったときのために延長が認められるのは嬉しい」「延長されても、育休を2年間取るのは難しい」などさまざまな声が挙がっています。今回の改正について、ママたちの声をまとめてみました。まずは賛成派のママたちの意見から見ていきましょう。

保育園に入るチャンスが増える! 賛成派のママたちの意見

法改正に賛成のママたちの声からご紹介します。育休明けまでの時間が半年長くなると、保育園内定のチャンスも増えるかもしれません。

『保育園に入れなかった時のことを考えて、延長はできるだけ長い方が助かる』

『2年申請して、いつ復帰するかは本人次第、がいい』

『働きやすい世の中になるといいね』

『うちは早産で700gちょっとで生まれ半年以上入院していたので……。退院後も通院続きだったので、なるべく長く育休があるとありがたい』

「穴埋めするのが大変」。反対派のママたちの意見

続いては反対意見。こちらは育児休業を取得するママたちの意見というよりも、現在働いている側。つまり育児休業を取得している人のフォローとして働いている人たちの意見です。

『迷惑……。その間本当に穴埋め大変』

『人は財産だけど、中小企業では残る人への圧迫でしかない』

『2年もいなくて戻ったと思ったら、またすぐに2人目妊娠とかになりそう』

「企業の事情によっては難しいのでは?」ママたちの本音

法改正自体には異論はないけれど、「復帰までのブランクへの不安」や「中小企業ではちょっと……」など、企業側の事情を踏まえると育休2年は厳しいのではというご意見です。

『うちの会社で2年も間隔空いたら知ってる人は1割ぐらいになりそう。完全に浦島太郎になる。まぁ小さい会社だから復帰はありえないかな。みんな辞めていく』

『確実に復帰する人にのみ適用するなら賛成。止むを得ない理由以外で、手当と休みをしっかり取ってから辞める人には、何割か返金を義務化すればいいと思う。残されてる人達からしたら代わりの人員も募集できないし、本当に迷惑でしかない』

『そんなに休めるのは公務員と大企業だけだよ。中小企業でそんなに休んだら復帰しても仕事がない』

『恩恵を受けられるのは大企業だけよね』

「保育園に入れたくても入れない。復職をあきらめるしかない」というママたちにとって育休最大2年延長は嬉しいニュースですよね。その反面、「職場復帰までに2年も空いてしまうと仕事のスキルが追いつかなくなる」「穴埋めをするほうが大変」などの意見もありました。また社員を必要最低限の人数しか確保していない会社では「改正されても2年も休めない」という声があるかもしれません。
育児休業期間が最大2年延長できる今回の法改正について、あなたはどう考えますか?

文・間野由利子

参考:厚生労働省【平成29年10月1日施行対応】改正育児・介護休業法のポイント(PDF)

参考トピ (by ママスタジアム
【賛成?反対?】10月1日から育休期間が最大2年に延長