entertainment

Eテレ『ピングー in ザ・シティ』2017年10月7日(土)放送スタート!

「ピングー」の新作アニメーション『ピングー in ザ・シティ』の放送が、2017年10月7日(土)9:20よりEテレでスタートします!

「ピングー」は1986年にスイスで誕生し、世界中で長きにわたり親しまれてきたペンギンのキャラクターです。そのかわいらしい姿はぬいぐるみやキャラクターグッズにもなって大人気! ピングーがデザインされたスマホケースやお財布など、大人向けのおしゃれな雑貨もたくさんあるのでママたちにとっても身近なキャラクターですよね。

Eテレで「ピングー」のアニメーションの放送がスタートするのは2004年以来、なんと13年ぶりのことだそうですよ。もしかしたら映像でピングーを見たことがないというちびっ子も多いかも!? この新作アニメーションでぜひピングーの物語をお楽しみくださいね。

「ピングー」初のCGアニメーション作品

「ピングー」のオリジナル作品は、原作者のオットマー・グットマン氏が自ら手掛けたクレイアニメでした。これは粘土(クレイ)で作った人形を少しずつ動かしてコマ撮りしていく、ストップモーション・アニメーションという手法で作られたものだったんです。

今回の新作『ピングー in ザ・シティ』は日本人スタッフ制作による初のオールCGアニメーションとなります。手掛けたのは日本屈指のアニメーションスタジオ「ポリゴン・ピクチュアズ」です。制作にあたってはクレイの質感やコマ撮りの動きなどオリジナルの風合いを活かすことにこだわったそう。日本で新たに生まれ変わることになるピングーですが、スイスでのオリジナル作品の雰囲気をとても大切にして作られたんですね。
『ピングー in ザ・シティ』は1話につき7分の短編が、全52話制作される予定になっています。

舞台は氷の村から都会の街へ

ピングーは、南極に住む小さなペンギンの男の子です。オリジナルアニメーションでは白い氷の村を舞台に、パパとママと妹のピンガと一緒に暮らしていました。楽しそうに冒険したり、いたずらして怒られたり、くるくる変わる表情がなんともかわいらしかったですよね。

今回の『ピングー in ザ・シティ』ではなんと、そのピングーの家族がみんなで氷の村から大都会へお引越ししちゃいます! 街には大勢のペンギンが住んでいて、魅力的な仕事もたくさんあります。好奇心旺盛なピングーは毎回そのお仕事をお手伝いしようと大はりきり。シェフに、サッカー選手、大工さん、お花屋さん……。子どもたちが将来なりたいとあこがれる職業がいっぱいですね。

さまざまなお仕事に挑戦するピングーが、ときには失敗しながらも、持ち前の機転と明るさで回りをハッピーにさせてくれるコメディー・アニメーション。ぜひ親子そろってお楽しみくださいね!

文・井伊テレ子

『ピングー in ザ・シティ』

2017年10月7日(土)Eテレにて放送開始
【放送時間】9:20~9:27  (再放送)17:25~17:32
【原作】オットマー・グットマン
【脚本】うえのきみこ、田辺茂範
【監督】イワタナオミ
【音楽】Ken Arai
【アニメーション制作】ポリゴン・ピクチュアズ

『ピングーぬいぐるみ』


※画像をクリックでAmazon.co.jpの商品ページへ

やんちゃで元気なペンギンの男の子ピングーのぬいぐるみです。ふわふわで思わず抱きしめたくなる、ソフトベルボアのやさしい手ざわりがたまりません。ぜひお部屋にちょこんと置いてかわいがってくださいね!

素材:ソフトベルボア
サイズ:約 幅150×高さ250×奥行130mm