talentcolumn

ビッグダディ:第7回 これまで関わった家族全員で忘年会するのが俺の夢

今年の4月に、突然の再婚を発表したビッグダディ。5度目の入籍相手となった三由紀さんのこと、今までの結婚についてのお話を伺っていきます。

daddy_7_pic01

■最初の奥さんとは3回入籍して3回離婚、その後、美奈子さん、そして三由紀さんとの再婚と人生で5回の結婚をしている林下さんの結婚観について聞かせてください。

5回も入籍をしてるんですけど、“結婚観”と言うのは得にないですね。
俺は、俺と一緒になりたいって言う人がいたらその人と結婚しよう!と思うんです。
最初の結婚は25歳の時なんですけど、結婚願望なんて全然なくて、整体師としてまだまだ勉強していくぞ!と思っていて、中国に留学するという話も出ていた時だったんですよ。

そこで事務員さんとして入ってきた最初の奥さんになる佳美に「どうだ、俺の仕事面白そうだろ?俺の嫁さんになって骨接ぎの仕事手伝ってみるか?」って冗談で言ったんですよ。
ほんと冗談のつもりで。その位の歳の男ってそういうこと言いたいでしょ?
そしたら、家に帰って「プロポーズされた」って親に報告したらしいんですよ。

それで佳美の家に呼び出されることになって、ご両親も「早く娘さんをくださいと言え」みたいな雰囲気になっていて。
それで結局結婚することになったんですけど、その時俺は「嫁さんてこんな簡単にもらえるんだ!」とびっくりしたのを覚えてますね。
美奈子さんとは、職場の飲み会で隣同士になって、好きという気持ちもない中で、話を聞いたら子どもがいてシングルマザーだと言うので、「俺の籍に入るか?」「入る入る!」という流れでしたし。

■では、今年再婚された三由紀さんとの再婚について聞かせてください。

世間ではスピード結婚と言われてますが、今の奥さんは時間がかかったほうですね。
知り合ってから2日目に結婚を決めたんです。美奈子さんの時は一日で決めてましたから、時間がかかったほうですよね。
でも、実は俺はもう結婚をするつもりは全くなかったんです。

三由紀さんとの出会いは新宿での飲み会なんですけど、その時に三由紀さんが「結婚したい」って言ってくれたんですよ。
「俺はもう結婚するつもりは全くないんですよ」って言ったんだけど、俺ごときに食い下がってくれたから、「じゃあ、じゃんけんで決めようか」って提案をしたんです。
それで、じゃんけんをしたら俺が負けちゃったんだよね。

■好きという気持ちではなく、じゃんけんで結婚を決めたんですか?

好きという気持ちは、一緒にいるうちに徐々にできてくるんですよ。
でも、そのじゃんけんをした後の三由紀さんのコメントがすごく良かったんだよね。
「やったー!勝った!私もう一生じゃんけんしない!」って。
それを聞いて「この人面白そうだなぁ」って思ったから、結婚したら楽しそうだなと思いました。

■元奥さん・佳美さんと三由紀さんと一緒にお酒を飲んだというブログを読んだのですが、元奥さまと今の奥さまは仲良しですか?

そうなんです。最初の元嫁と美由紀さんと、この前一緒に飲んだんですよ。
楽しくお酒が飲めましたよ。良い夜でした。
俺も、別れた嫁とは仲悪くはないんです。

みんな「あなたといた時は面白かった」と、今でも言ってくれているし。
俺はね、誰も憎まない人生が一番だと思っているんです。
例えば、別れた後に別れた相手のことを子どもに極悪非道のように伝えるのは、子どもにとって良くないじゃないですか。子どもにとっては別れても親なんだから。

自分の気持ちはさておき、子ども達には悪く伝えるのはやめてほしいなと思うし、願わくば俺のことも憎まないでほしいです。俺はそうしてきましたからね。

■元の奥さまやそのお子さん達とも変わらず交流が続いているんですね。

daddy_7_pic02

俺の夢は、最終的に最初の元嫁、美奈子さん、三由紀さん、そして、それぞれの子ども達と元旦那さんの全員を集めて「変なの」って言いながら忘年会ができれば良いなと思っているんです。
今、着々とそういう雰囲気は出来上がりつつあるんですよ。

なんとなくみんな繋がるんですよね。
子ども達はみんなすでに仲が良いのでね。
すごくきれいごとなんだけど、関わった人間がみんな幸せになればそれが一番だなと。

■三由紀さんとの再婚を決めた時のお子さん達の反応は?

子ども達もさすがに学習してるんでしょうね(笑)
最初に紹介した時に、詩美が「今、私たちは清志さんの女選びには厳しい目になっていますよ」って言ったんですよ。
そういうことが平気で言えるようになるのってすごく良いことだなと思いましたね。

次男の熱志も何かの取材で「三由紀さんは、清志さんの嫁さんですよ」って答えてたんですけど、俺はそれで良いと思うんですよね。
子どもたちにお母さんを見つけてきたわけじゃないし、三由紀さんもそれで良いと思ってくれているので。

自分から好きになることはないという林下さんですが、結婚をするといつも立場が逆転してしまう…とぼそりと呟いていました。
さて、次回はとうとう最終回です。皆さんからいただいた質問にお答えいただきます。
お楽しみに♪
(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)