life

JR東 子ども見守りサービス「まもレール」が待望のスタート!

IMG_3265
ICカードの「Suica」「PASMO」を使った、子ども見守りサービス「まもレール」10月1日(日)よりスタートします。まもレールとは、子どもが「Suica」や「PASMO」で対象駅の自動改札を通過すると、登録しておいた保護者に「利用駅」「通過時刻」「チャージ残額」が通知されるというもの。

これは「ひとりで大丈夫かな?」という不安がつきまとう小さな子はもちろん、コミュニケーションのとり方が難しい思春期の子を持つママにもおすすめのサービスなのだそう。
発表会には教育評論家の”尾木ママ”こと尾木直樹さんも登場し、その理由について語ってくれました。

小学生〜高校生まで、月額500円からの安心通知

JR東日本とセントラル警備保障が共同でスタートさせる「まもレール」。すでに同様のサービスを行っている私鉄もあるものの、利用者の圧倒的な多さなどからJR東日本ではこれまで実現が難しかったのだそうです。

あらかじめ登録しておいた保護者のスマートフォンなどの携帯端末に通過される仕組みで、通知先は電子メールまたは「JR東日本アプリ」のプッシュ通知機能への配信かを選択できます。

利用できる対象は小学生・中学生・高校生(満18歳の3月31日まで)。記名式の「Suica」「PASMO」であればいつも利用しているものがそのまま使えます。特別な端末を用意する必要はありません。
利用料金は、子どもひとり+保護者1通知先の場合で月額500円(税抜)。通知先は2件まで登録でき、その場合は月額100円(税抜)が加算されます。入会金や初期費用は不要。
IMG_3200
2017年10月1日(日)より山手線・中央線(東京〜高尾)の57駅でサービス開始。2018年春までに首都圏244駅で利用できるようになる予定です。

適度な距離感から見守れる、思春期の子にぴったりのツール

サービス開始に先立ち、「まもレール」では小学生から高校生の子どもを持つ首都圏在住の母親483名を対象に「子育て・見守りに関する調査」を実施しています。
子どもの安全対策や見守りが十分できていると思うかという質問に対して、「どちらでもない」を含めると約半数が「できていない」と回答。その理由として「干渉しすぎることを子どもが嫌がる」という回答が全体の34.9%。とくに中高生では50.5%と、もっとも多い理由として挙がっています。

さらに子育て中、自己嫌悪に陥ることがあるかという質問に対して「よくある」「たまにある」と答えた母親にその内容を聞くと、「子どもに干渉しすぎたことに対して」という回答は全体の35.1%という結果に!

尾木ママはこれに対して「過干渉というのは子どもの意思を無視するものですから、自己決定する場面がなくなってくるんです。精神的な自立が阻まれてしまうから、その年齢に応じた親離れができなくなってしまう。とても心配です」。
IMG_3242
さらに「思春期の子どもは親離れしたいけれど、精神的にも経済的にもまだ未熟。口では”うるさい!”と言いながら、どこかで親に見ていてほしい気持ちがある。だから完全な放任はダメ。どこかでママが見ていてくれるのを感じていたい、そんな複雑な心理があるんです」と言います。

そんな”自立をそっと見守る”ツールとして、「まもレール」はおすすめだそう。

「これは最低ラインの見守りになるので、反抗期の子であったとしても気にならないと思います。駅を通過したかどうかがわかるだけだから、その間にちょっと買い食いしてもわからない(笑)。通過駅と時刻というママが一番気になるポイントは確認できる一方、ある程度の自由がありますからね」と、尾木ママ。

小学生の子にありがちな「ちゃんと乗れたのかな?」「携帯を持たせているのに、連絡がない!」などの不安を解消できるだけでなく、思春期の子に向けた”親にも子にもストレスのない見守り”も叶うというわけですね。チャージ残額が通知されるというのも、うれしいポイント!
IMG_3197
「まもレール」の申込みは9月13日(水)9時よりスタートです。

「まもレール」申し込み方法:オフィシャルサイトより申込受付

*アンケートは「セントラル警備保障調べ」によるもの

 

取材&文・鈴木麻子