life

おしりふきもここまでに! オーガニックコットン100パーセントのおしりふきが登場

img_136987_1

オムツをしている赤ちゃんのママが必ず使う「おしりふき」。その種類はさまざまで、各メーカーから便利で使いやすいおしりふきが販売されています。「いろいろ使ってみて、最終的にコレに落ち着いた」と、お気に入りのおしりふきを持つママも多いのでは?

テイメン株式会社より発売されている、倉敷脱脂綿「わたのおしりふき オーガニックコットン」。こちらのおしりふきは、倉敷脱脂綿というまるで「綿」そのもののような優しい肌触りのオーガニックコトン100パーセントで作られているのだそう。赤ちゃんのために“安全で安心なこと”を考えて作られたおしりふき、その「やさしさ」をお伝えします。

普通のおしりふきと何が違うの? 使い方を解説

まず「わたのおしりふき オーガニックコットン」は、市販されているおしりふきと異なり水分を含んでいません。乾燥した状態で袋に入っているので、「あれ? このまま使うの?」と驚かないようご注意を。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはおしりを拭くその都度、水にしめらせて使います。できればぬるま湯に浸して使用することでお肌もかぶれにくく、赤ちゃんも気持ちよくなるのだとか。

「ウェットタイプの不織布シートのおしりふきは、便利で安価な反面、肌ざわりや含まれている薬剤(防腐剤等)の影響で、敏感な赤ちゃんのお肌に合わないことがあります」と話すテイメン株式会社の担当者。

確かにメーカーのよって微妙に薬剤の種類が違ったりして、赤ちゃんの肌に合う、合わないがでてきますよね。

SONY DSC

しめらす水は水道水でOK。水道水は塩素と微量の殺菌成分が含まれているため、腐敗や雑菌の繁殖が抑えられているのだそうです。

2~3日なら水にしめらせたままでも保存できますが、できればその都度しめらせるのがおススメ。塩素が気になる場合は煮沸して使うこともできるそうです。しかし煮沸によって殺菌成分がなくなってしまうため、1日以上の作り置きは難しいそうなので気を付けましょう。

SONY DSC

水でしめらせ、適度にしぼったおしりふきで優しく赤ちゃんの肌を拭きます。ふわふわの肌触りが気持ち良さそうですね。

また、こちらのおしりふきは使い捨てとなりますので、一度拭いたら処分してくださいね。(※トイレには流せません)

img_136987_19

少しの手間はありますが、ママの愛情とともにオーガニックコットンのやさしさが赤ちゃんのお肌を守ってくれる倉敷脱脂綿「わたのおしりふき オーガニックコットン」

敏感肌の赤ちゃんをもつママは、ぜひチェックしてみてくださいね。

img_136987_2

 

文・渡辺 多絵

 

倉敷脱脂綿「わたのおしりふき オーガニックコットン」

素材:オーガニックコットン100%

価格:8cm×12cm(2枚重ね)  90枚入 432円(税込)/8cm×12cm(2枚重ね) 360枚入 864円(税込)

オンラインショップ( http://kurashiki-dassimen.jp/ )