entertainment

10月スタート『コウノドリ』クランクイン! 鴻鳥先生の恩師役として佐々木蔵之介さんの出演が決定

main

(c)TBS

10月13日(金)よる10時からTBS系にてスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』
ドラマのスタートを待ちわびる『コウノドリ』ファンの皆さまのために、最新情報をお届けしちゃいます!

2015年10月期に放送されたこのドラマ、放送終了後にはママスタBBSで「泣きすぎた」「来週が待ち遠しい!!」「このドラマに出会えてよかった!」と感動と絶賛の声が投稿されるほどの人気ぶり。
産科医療の現場がリアルに描かれたストーリーが好評を博し、この秋には続編となる新シリーズの放送が決定しています。

最新情報によると、新シリーズの撮影が島根県・隠岐の島町でスタートしたとのこと。
さらに、綾野剛さんが演じる主人公・鴻鳥サクラの恩師である荻島勝秀役に、佐々木蔵之介さんの出演が決定したそうです!
産科過疎地の離島で総合医として孤軍奮闘している荻島が、どう演じられるかにも注目したいですね。

意外にも、今回が初共演となる綾野剛さんと佐々木蔵之介さん。お二人の新シリーズ撮影スタートの感想、そしてお互いの印象についてのコメントが届いているのでご紹介します。

綾野 剛さん(鴻鳥サクラ役)

sub02

(c)TBS

——隠岐の島でクランクインを迎えて

「冒頭から隠岐の島で佐々木蔵之介さんと一緒のシーンを迎えられて非常にドラマチックだなと思いました。前作より、ある種ダイナミックにミニマムな所から少し大きく広げていくという『コウノドリ』制作チームの「前作を超える執念」をすごく感じました」

——佐々木蔵之介さんとの初共演について

「お会い出来たこともそうですけど、ご一緒出来るのがすごく光栄で。僕らの世代は佐々木蔵之介さんのことがみんな好きなので。サクラにとっての師匠が佐々木蔵之介さんになるって聞いたときに感謝しかありませんでした」

佐々木蔵之介さん(荻島勝秀役)

sub03

(c)TBS

——『コウノドリ』に出演について

「こうしてドラマのシリーズが続くのは、『コウノドリ』が愛され求められているからだと思います。出演させて頂いてとても光栄です。僕は前作を尊いドラマだなと思って見ていました。登場人物がみな美しい心の人たちばかりで、私も医師という立場を演じさせて頂けて大変うれしく思います」

——綾野剛さんとの初共演について

「綾野剛くんはいろんな役を演じるのを楽しむ、幅の広い役者さんだと思い
ます。今回、先輩後輩の医師という役柄での初共演、サクラの優しい人柄にも触れ、穏やかな島でとても心地よく演じさせて頂きました」

放送開始が待ちきれないという方のために、一足先に第一話のあらすじもご紹介します。

『コウノドリ』第1話あらすじ

sub01

(c)TBS

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)。研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いています。

ある日、サクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察します。付き添いで来ていた夫の健治も耳が聞こえません。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察します。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっていることが分かりました。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝えます。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと、病気の赤ちゃんという2つの不安に挟まれてしまいます。
さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明けて……。

サクラ先生の恩師という役柄を演じる佐々木蔵之介さんが、『コウノドリ』にどのようなスパイスを加えるのか楽しみですね!

ペルソナ総合医療センターの産婦人科医であるサクラ先生がなぜ島にいるのか……。そして荻島先生が、今後どのようにストーリーに絡んでいくのかも期待しながら、10月13日の放送を待ちたいと思います。初回は15分拡大放送とのこと! お楽しみに。

文・鈴木じゅん子 編集・伊東杏奈