entertainment

灰谷先生の復帰、緋山先生が隔離!? さまざまな出来事に揺れる『コード・ブルー』第8話レポート

P00002799916

(C)フジテレビ

ドクターヘリの事故が起こったことで自分を責めていた灰谷先生。フェロー同士の会話で少し元気になったのかと思いきや、ホームから転落して搬送!? しかも睡眠薬を服用していたとあって、まさか自殺では、とソワソワしながら一週間待っていた方も多いはず。
緋山先生と緒方さんの仲に進展は見られるのか?
そして藍沢先生は奏ちゃんの手術について悔やんでいるようで……。
今週もドラマ『コード・ブルー』、BBSに寄せられたママたちの感想も交えてレポートしていきます。
(※記事中には本編のネタバレがあります! 未視聴の方はご注意ください)

『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜』第8話あらすじ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)のリハビリの様子を離れて見ていましたが、おはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声をかけることもできません。

そんなとき、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入ります。緋山美帆子(戸田恵梨香)、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かうと、男性はショック状態でエコノミークラス症候群が疑われるとのこと。名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払いました。そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまいます。

初療室に運び込むとその患者、堀内豪は吐血。エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔(椎名桔平)は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出します。感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。緋山は処置を続けますが、顔色を失っていき……。名取も気にしないではいられません。

トリミングP00002808692

(C)フジテレビ

緋山はこっそり藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼します。そこへ堀内がICUで亡くなったと冴島はるか(比嘉愛未)が告げに来ます。堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っていて、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったといい……。

P00002803691

(C)フジテレビ

灰谷先生の復帰に安堵

前回の放送では、線路に転落し救急搬送されてきた灰谷先生。その姿を見て、「自殺未遂? 事故?」と、この一週間灰谷先生のことをずっと心配していた方たちは、元気な灰谷先生の姿に安堵したのではないでしょうか。
灰谷先生の復帰は嬉しかったのですが、コード・ブルーファンとしては、今週は灰谷先生が睡眠薬を飲んでいる理由や、転落事故について深堀りし、仲間たちがその苦悩に寄り添う姿を見たかったなぁ……という気持ちにもなりました。

「運ばれてきたところから、いきなり復活……」

「前回ラスト数分で運び込まれて、今日もう復帰!?」

「結局なんで怪我したの? 自殺未遂?」

BBSでも、灰谷先生のあっさりした復帰に驚く声が……。
復帰後の灰谷先生は以前より明るくなり、患者さんへの対応にも変化が。抱えているだろう不安や悩みは解決されたのかが気になりますね。

緋山先生が隔離……。

P00002810194

(C)フジテレビ

患者さんの腕に刺した針が指に刺さってしまった緋山先生。医療現場であってはならない事故が起きてしまいました。直後に患者さんが亡くなってしまい、緋山先生は検査結果が出るまで隔離されることになりました。

「注射器が刺さったの怖い。鳥肌立っちゃった」

「エボラ出血熱とかじゃないよね……」

「エボラって必ず感染するの?」

緋山先生といい感じになっている緒方さん。心配しすぎて隔離されている病室を訪ねてきました。緋山先生が感じている不安を理解しそばにいたいという気持ちはとても男前だと思ったのですが、隔離中なのに入っちゃって大丈夫?という心配の声も……。

P00002805932

(C)フジテレビ

検査の結果、感染はしていなかったことがわかった緋山先生。緒方さんと2人で初デートに出かけていきました。この2人、最終回までにさらに関係が深まっていくのでしょうか……?

フェローたちが急成長!

腹痛を訴えるも原因がわからず、入院させていた男の子が急変。灰谷先生を含めたフェロー3人が力を合わせて難しい処置をします。
「仲間」としての意識が芽生えてきたフェローたちも、ドクターとして大きく成長していますね。
とくに心配だった灰谷先生も、男の子の命を救うことができた経験と、横峰先生のはげましの言葉で落ち着きを取り戻したよう。この2人の今後の関係も気になりますね。

隔離されていた緋山先生が、針を刺してしまい責任を感じていた名取先生に、気持ちをほぐそうとかけた「救命デビューだね。おめでとう」言葉もとてもステキでした。

「緋山先生もいい上司だよね」

「ここぞという時に、こういうセリフが言える上司がいい」

そして、ピアニストであるちゃんの手に震えを残してしまったことを悔やむ藍沢先生と新海先生。手術をしたあの日、自分たちはチームではなかった。医者同士の競争に患者の女の子を巻き込んでしまった、と吐露する2人、そして命よりも大切なピアノを弾くことができなくなってしまった奏ちゃんの気持ちを考えると、胸がしめつけられるようです。

最終回までカウントダウン!

3rdシーズン CB-LOGO

(C)フジテレビ

次週の第9話(9月11日放送)の放送は15分拡大、最終回(9月18日放送)は30分拡大放送となることが発表されました。
残すところあと2話。次週の予告では大きな事故が起きるようでした。『コード・ブルー』らしい医療現場の緊迫シーンが見られるでしょうか。

「来週はヘリの話多めでありますように!」

「ヘリが飛んでそのあと現場で患者助けるシーンが見たい!!」

来週はドクターヘリが絡む展開を期待したいですね。

9月11日(月)第9話 15分拡大放送決定!
9月18日(月)最終回 30分拡大放送決定!

お見逃しなく!

文・鈴木じゅん子 編集・伊東杏奈