health

子どもを産んでから弱い身体に…体質改善するには?

記事提供:イクシル

ixil4684_LL
今回の相談者は、出産後に風邪を引きやすくなったり冷え性に悩まされるようになり悩んでいます。どうすれば体質改善が出来るのでしょうか。

3人目を妊活中のママからの相談:「出産後、冷えや虚弱に悩まされるように…体質改善する方法を教えて!」

『2人子どもを産んでから風邪を引いたり、風邪をこじらせて副鼻腔炎によくなります。元々冷え性でしたがますます酷くなり、冬は足が冷たくなって夜中に目が覚めます。2人目を妊娠中に何度も逆子になり、先生には冷え性が原因だと言われました。冷えていると妊娠もし難いと聞きましたが、あと1人子どもが欲しいので食べ物や軽い運動で体質改善をしたいと考えています。小さな子ども達がいても、出来る方法を教えて下さい。(30代・女性)』

体質改善は根気強く続けることが大切

体質改善の成功の鍵は、根気強く続けることにあるようです。毎日の運動・食事・睡眠を通して、少しずつ冷え性を改善しましょう。

『冷え性の体質改善には、継続が重要です。筋肉が動くことでエネルギーを消費して熱が作られますので、筋トレやヨガやストレッチでインナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げましょう。身体を温めやすい食材はありますが、大切なのは栄養バランスと充分な栄養を摂取することです。特定の食材や栄養だけを意識し過ぎて、他の栄養が不足してもいけません。また、睡眠不足は体力・ストレスの回復に支障をきたします。ホルモンバランスや自律神経を整えるために、休息・睡眠をしっかり取りましょう。(看護師)』

身体の内側・外側から温めよう

冷え性の改善の方法として、身体の内側と外側から温めることがお勧めです。身体を温める効果のある食材を摂ったり、血行を促すマッサージなども良いようです。

『元々冷え性でしたら、身体の内側・外側から温めるようにして下さい。食べ物は根菜・生姜・にんにく・ネギなど身体を温める物で、温野菜などの温かい食事を摂りましょう。逆にウリ科の野菜・キャベツ・トマトなどは、身体を冷やすので控えて下さい。ゆっくり湯船につかり、手足のマッサージを行なって下さい。ふくらはぎのマッサージを行なうと、全身の血行が良くなります。(看護師)』

『適度な運動で、身体を温めることも大切です。小さいお子さんがいるのでしたら、一緒に散歩したり音楽に合わせて踊るなど身体を動かすようにして下さい。外出する時は一枚多めに着込んで、腹巻やマフラーで特に首や腰周りを冷やさないようにしましょう。普段から腹式呼吸を心がけていると、有酸素運動になり脂肪が燃焼されて身体がぽかぽかしてきます。(看護師)』

風邪を引きやすかったり冷え性だと、妊活の際に影響するのではと気になる人は多いのではないでしょうか。専門家からアドバイスいただいたように、食生活を見直したり有酸素運動やマッサージなどを根気強く続けてみてはいかがでしょうか。

<関連リンク>
産後4か月の20代の女性。産後の冷え性に対処するには?
0歳児のママ。どうしたら、下半身が冷えなくなるのでしょうか?
出産のたびに悩まされる痔の痛み…どうしたらいい?

コラム出典:子どもを産んでから弱い身体に…体質改善するには?
(by イクシル)