life

中山美穂さんも雨宮塔子さんも!フランスは離婚のハードルが低い!?

family tourism paris france

元TBSのアナウンサーで現在はフリーキャスターの雨宮塔子さんが、離婚調停中という報道がありました。ご主人は有名パティシエの青木定治さんです。少し前ですが、女優の中山美穂さんも作家でミュージシャンの辻仁成さんと離婚されましたね。

このお二人の共通点。それは、フランスに住みフランスで結婚・子育てをされていたということです。お二人が今回離婚に踏み切ったことと、フランスでの生活は何か関係があるのでしょうか?

雨宮さんは「忙しくてすれ違いに耐えられなかった」と話されていますが、フランスでは何をするにもカップルが基本。どんなに仕事が忙しくても夫婦で過ごす時間が作れないのなら、夫婦でいる意味がない=離婚したほうがよい、と考えたとしても不思議ではありません。過去に「亭主元気で留守がいい」が流行った日本とは大きな違いがあるようですね。

また、ちょっとした話題にもなった中山美穂さんのお子さんの親権問題も、フランス流の考えがあったように思います。それはフランスでは離婚後も共同親権が当たり前。子供にとって親は、離婚してその後再婚しても死ぬまで親であることに変わりはない、というのが基本的な考え方なのだそうです。

結婚を「家と家のつながり」と考える人が多い日本と、「個人と個人のつながり」と捉える人が多いフランス。愛し合っていない夫婦が一緒に暮らすより、離婚したほうがベターという考えが常識になっているともいえるフランスにおいては、離婚に対するハードルが日本よりも低いのかもしれません。こうしたフランスの離婚に対する考え方が、今回このお二人が離婚に踏み切ることに影響を与えたとも考えられます。

また、中山美穂さんも雨宮塔子さんも長くフランスで生活されていましたが、ご主人はともにフランス人ではなく日本人でした。結婚し特に子供が生まれると、女性は子供の母として地域と強い結びつきが出来ます。妻がフランスの考え方を受け入れ馴染んでいく中、夫はどうだったのでしょうか。夫がフランスにいながらも日本的な夫婦でいようとしていたのなら、それも離婚に踏み切った理由のひとつになっていったのかもしれませんね。