life

ライブと1万2000発の花火が楽しめる迫力満点の「神宮外苑花火大会」レポート

東日本大震災・熊本地震復興チャリティーとして開催された「神宮外苑花火大会」。2017年度で38回目を迎える花火大会は、1時間のうちに1万2000発も上がる花火とともに、miwa、大黒摩季さんらによるライブが行われるのが見どころ。
「子どもが生まれてからライブに行けなかったけど、久しぶりに行ってみたい」というママ、来年は家族連れで神宮外苑花火大会に訪れてみるのもいいかもしれません。当日の様子をレポートします。

子ども連れで大黒摩季やmiwaなど豪華アーティストのライブが楽しめる

花火大会の会場は、神宮球場をはじめ神宮軟式球場、秩父宮ラクビー場、東京体育館敷地内の合計4つとなります。今回、ママスタ編集部スタッフが訪れたのは、メイン会場となる神宮球場。最寄駅の外苑前から徒歩5分とアクセスもよく、屋台も出ているのでフードやドリンクを買って持ち込むのもいいですね。4M6A4792
16時からスタートしたライブには、今注目のハイトーンボイスBeverlyやthe brilliant green、miwa、大黒摩季らが出演。子どもを連れてライブから参加するのもいいし、子どもはパパにお願いして外の屋台などに連れ出してもらい、花火が始まったら連れてきてもらうなんていうのもいいかも。神宮球場は全席指定(有料)なので「早い時間から並んで席を取らなきゃ」と焦ることなく、好きな時間から参加できるのがいいですね。

球場内には、授乳室や誰でもトイレがあるため、子ども連れでも安心です。身動きが取れないくらい混雑するような場所での花火大会に子どもを連れて出かけるのは心配ですが、通路が確保されていて混雑もなく歩ける神宮球場なら、ママたちも安心して子どもを連れて行けますよ。

ライブの最後は、大黒摩季さんの代表曲、「ら・ら・ら」を出演したアーティストたちと会場全体で熱唱。花火が始まる30秒前からアーティストたちとともに、会場内全員でカウントダウンがスタートしました。時刻は19時半。

「3、2、1、0」の合図と同時に、ステージ後ろから花火の打ち上げスタート。大きな音とともに、巨大な花火が次々と夜空に開花。連続して打ち上げられたときには、会場内から拍手が沸き上がりました。

ライブを楽しんだあとは1万2000発の打ち上げ花火に夢中

FullSizeRender

4M6A5138

4M6A5259

4M6A5046 (1)

4M6A5136

4M6A4986

4M6A4935

花火の打ち上げ時間は約1時間ほど。1万2000発打ち上げられた花火は迫力満点で、子どもたちはもちろん、一緒に訪れていたパパやママたちも笑顔で大満足の様子でした。

花火大会を見られるうえに、 豪華アーティストのライブ3時間たっぷり見られる神宮外苑花火大会。来年の夏は、家族そろって出かけてみては。

取材、文・間野 由利子 編集・北川麻耶