life

子供の読書嫌いは親が原因!?子供の読書嫌いを克服するコツ

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

子供の読書嫌いは親が原因!?子供の読書嫌いを克服するコツ

読書が子供の読解力や語彙力などの学力だけでなく、集中力や情緒、想像力なども育むことは、多くのママがご存知なのでは?

「だからこそ、わが子に読書をしてもらいたいと願うのだけれど、当の本人は読書が苦手…」というお悩みを抱えていませんか?

そこで今回は、子供の読書嫌いを克服する方法をご紹介します。

読書が苦手な理由は実は親にもある!?

子供が読書を苦手だと思ってしまう理由にはいろいろあります。

例えば、ひらがなは読めてもその言葉の意味や、文章そのものの意味を理解できていないケース。このようなケースの子は本を読んでもおもしろくなく、読書に対して苦手意識が生まれてしまうこともあるようです。

また、ママやパパに読書を無理強いされたり、好みではない本を読まされたりしていくうちに、読書が苦手になってしまうパターンがあります。さらに、絵本を読んだあとに無理やり感想を言わせることでも、子供にとっては読書が苦痛になってしまう可能性が。

親が本を学習の手段ととらえ、教育に良さそうな本などを親が本を一方的に選んだり、感想を強要したりして、「こういうことを学びなさい」と押し付けてしまうのは控えたほうがよさそうです。

▼関連記事
ならいごとキッズ「感想を聞くのはNG!?子供を本嫌いにしてしまう親の3つの行動」

子供に自由に本を選ばせることが読書嫌い克服への近道!

子供が本を好きになるためには、子供自身が楽しめる本を読ませることをおすすめします。

子供が自分で読みたい本を選ぶようにし、パパやママはそれを見守ってあげましょう。「そんな幼稚な本はやめなさい」などと口を出すのはNGですよ。

子供が本を読んでも意味が理解できていないために楽しめない、という場合は、語彙力が不足している可能性があります。まずは日常生活の中での親子の会話を増やし、正しい日本語で、きちんとした文章で話しかけてあげるよう心がけましょう。

また、ストーリー性の高い物語の本を読み聞かせることで、いろいろな言い回しに慣れて語彙力もUPしていくこともあります。その際、実年齢よりも少し上の子供向けに書かれた本を読んであげるとより効果的。

もし同じ本を何度も読んでほしがるようなら、暗記するくらいまで何度も読んであげると、文章を理解する力や将来の文章作成力が身についてくるといわれています。

いつでも本が身近にある環境づくりも大切なファクター

読書は子供に強いるべきものではありませんが、子供が興味を持ったときにいつでも本を手に取れるような環境を整えてあげることも、子供が本好きになるひとつの方法かもしれません。

リビングなど目にふれやすいところに、いろいろな種類の本を置いてあげてはいかがでしょう。図書館や古本屋さんなどを利用してもいいですね!

また、パパやママが普段から読書を習慣にしていれば、自然と子供も読書に興味を持ち、本を楽しむことができるようになるともいわれていますよ。お試しあれ!

▼関連記事
ならいごとキッズ「読書で得られる効果がすごい!本好きな子供に育てる方法」

子供の心や脳の成長に、良い影響を及ぼしてくれる読書。小さなうちに“読書=苦痛、苦手”というイメージを克服し、“読書=楽しいもの”と思わせてあげられるようにしてあげたいですね。

PHOTO/studiolaut/Shutterstock
参照/
日経DUAL「読書苦手な小学生は“見る”“わかる”の間にいる」
e-子育て.com「連載3 子どもの読書嫌いの原因は言葉の知識にあった」
ダイヤモンド社書籍オンライン「子どもの日本語力があぶない!?家庭で国語力を高める6つの方法」
シグマスタッフ 絵本の「読み聞かせ」によって得られる7つの効果

関連コラム

感想を聞くのはNG!?子供を本嫌いにしてしまう親の3つの行動
子供の9割は野菜不足!野菜不足を解消する4つのコツ
こんな聞き方はNG!子供から園・学校生活の話を引き出す5つのコツ
実は難しい!?子供に靴の履き方を教えるコツ

コラム出典:子供の読書嫌いは親が原因!?子供の読書嫌いを克服するコツ
(by ならいごとキッズ マガジン)