entertainment

プラレールデザインのキッズ用カメラが登場『いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき』

38_E7

JR東日本商品化許諾済
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

親がスマホのカメラを使っていると、子どもも「ぼくも!」「わたしも!」と言って、写真を撮りたがりますよね。

しかたなくスマホを子どもに渡すと、なぜか子どもは連写! ボタンを押しっぱなしにしちゃうんです……。あの連写モードの「カシャシャシャシャ……」というシャッター音が笑えるほど鳴り響き、親は後に大量の写真を消すこととなります。古いコンパクトカメラを持たせてはみるものの、子どもには小さすぎるボタンで誤操作が多発し、結局、故障。(筆者の経験談です)

子どもの写真を撮りたい気持ちに応えるカメラがあればいいのにな……と思っていたある日、子どもが思わず手に取りたくなるカメラの情報をゲットしました。

それが8月10日(木)に登場する『いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき』です。

まさに輝くかのような新幹線のデザイン、子どもの手でも使えるサイズで、乗り物好きの子どもにもピッタリ。子どもが思うままに写真が撮れそうですよ!

E7系新幹線かがやきのカメラ、どんな機能がある?

プラレールカメラ本体

JR東日本商品化許諾済
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

北陸を走るE7系新幹線かがやきの、プラレールのデザインを取り入れたカメラ『いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき』。精巧なデザインが目を引きます。カメラレンズはなんと、前方の連結器のなかから登場! 写真や動画を撮れ、さらには裏側のディスプレイ画面で撮った写真をすぐに確認できます。

機能は4種類。

PR_camera_E7_pkg_170321_nyuko_ol-CS5

JR東日本商品化許諾済
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

写真モード

自由に写真撮影。20種類以上あるフォトフレームを使用することもできます。

ムービーモード

動画を撮影することができます。録音も可。(別売りの micro SD メモリーカードが必要です)

プレビューモード

撮影した写真やムービーを見ることができます。閲覧時には「うまく撮れたね!」「かっこいいね!」など、楽しいセリフが流れます。

ミニゲームモード

出題された色を探して写真を撮るミニゲームで遊ぶことができます。正解すると、写真モードで使用できるフォトフレームをゲット!

サウンドもいろいろ

本体には電車アナウンス風のセリフや「トミカ・プラレールの曲」など、40種類以上のサウンドが収録されており、電源のON/OFF、写真撮影、写真の閲覧、モード切替、など様々なタイミングで流れます。小さい子には少し難しいかもしれないカメラの操作も、サウンドで助けてもらえますね。

対象年齢は3歳以上、小さなお子さんでも遊ぶことができます。走行する電車や日常の何気ない風景、夏休みの思い出を、子ども自身に記録させてみませんか?

いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき

03_E7

JR東日本商品化許諾済
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

価 格 : 9,500円(税抜)
発売日 : 2017年8月10日(木)
対象年齢 : 3歳以上

撮像素子 : 30万画素CMOSセンサー
写真保存可能枚数 : 約50枚 ※別売りの micro SD メモリーカード(2GB)を使えば約2,500枚保存可能
取扱場所 : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等

文・しらた まよ