夏休みのごはん作りがマンネリ……そんなときは、見た目が食欲をそそる「ほめたまごはん」はいかが?

夏休み真っ只中! 子どもにとってはたのしい夏休みでも、ママにとっては3食の献立を考えるのが憂鬱で、そろそろネタ切れ状態……なんていう方も少なくないかもしれませんね。
そんなときは、食欲をそそる明るい黄色と強い旨みが特徴の「ほめたま」を使ったレシピはいかがでしょうか?

見た目と味の2度おいしい「ほめたまごはん」

「ほめたま」とは、“毎日のたまご料理で、ほめられる”をコンセプトに作られたたまごのこと。日頃からほめられられることの少ないママにとっては、なんだか嬉しいコンセプトですね。

「ほめたま」は、加熱したときに明るく鮮やかな黄身色が食欲をそそり、天然ハーブ配合飼料によって味が濃く旨みを強く感じられることが特徴です。オムレツやチャーハンなど、いつものたまご料理にほめたまを使うことで、より食欲をそそり旨みを感じられる「ほめたまごはん」に変身します。

それではさっそく、夏休みのマンネリ化したごはん作りを解消してくれる「ほめたまごはん」をみていきましょう。
鉄板チャーハン
出典:おうちごはん編集部

まずは、ほめたまを使った鉄板チャーハン! きわだつ黄身色が食欲を掻き立てます。
市販の冷凍チャーハンをフライパンの真ん中に盛り付け、まわりにたまご液を流し込むだけで出来上がり。忙しいママも大助かりな簡単ごはんです。

お花卵
出典:おうちごはん編集部

こちらは、ほめたまを使ったお花卵をトッピングしたぶっかけうどん。
麺類が多くなりがちな夏の食卓も、黄身色の鮮やかさでいつものうどんもレベルアップ! 子どもと一緒に盛り付けを楽しんでみるのもいいですね。

プリン
出典:おうちごはん編集部

ほめたまを使えば、たまごの黄色が映える色鮮やかなスコッププリンもお手のもの。たまごのコクを感じるとってもおいしいプリンができますよ。
スコッププリンは自由自在にトッピングできるのが良いところ。生クリームやお好みのフルーツを使ったトッピングは、子どもも喜ぶこと間違いなし。

ママインスタグラマーの「ほめたまごはん」をチェック!

家事や仕事に忙しいママは、こどもの夏休み中は更に大忙し! だからこそ、なるべく簡単においしいごはんを作りたいですよね。
そんなときはママインスタグラマーの「ほめたまごはん」をチェック! 簡単でおいしいお助けたまご料理をご紹介します。

たまごの黄色身がきわだって食欲をそそるスクランブルエッグ丼

みかさん(@mikasko)がシェアした投稿

こちらは栄養バランスの良さそうなスクランブルエッグ丼! ほめたまを使うことで黄身色がきわだって食欲をそそりますよね。@mikaskoさんはそぼろや野菜と一緒にごはんの上に盛り合わせ、ボリュームたっぷりの丼を作っていました。 夏休みで忙しいママもスクランブルエッグなら簡単にできそうですね。

「ほめたまごはん」を親子で一緒に作ってみよう!

親子の夏休みの思い出作りに……。続いては、夏休みの親子時間にぴったりな、親子で楽しむ「ほめたまごはん」をご紹介。

愛らしいひよこたちを食べるのがもったいない! と思ってしまいそうなころころオムライスを作っていたのは@kinako_710さん。
ホームパーティーにはもってこいのタコ焼き器を使ったアレンジレシピです。

作り方は
1.油をしいてよく温まった鉄板にたまごをジュッと入れる
2.すぐにご飯を入れる
3.すぐにくるんとしたら出来上がり

たまご多めでごはん少なめが、キレイに作るコツなんだそう。一口サイズなので子どもも食べやすく、楽しく食べてくれそうですね。

ほめたまの特徴は、なんといっても鮮やかな黄色に仕上がるところ。ほめたまごはんがあるだけで、食卓がひまわりのようにパッと明るくなりますよ。
夏休みのマンネリ化した献立にもおすすめなので、ぜひ参考に作ってみてくださいね。

提供:株式会社 アキタ

文:編集部/画像提供:おうちごはん