entertainment

「命さえあれば……」藍沢先生が語る医師の想い。『コード・ブルー』第3話レポート

P00002731387

(C)フジテレビ

藍沢先生の厳しくも愛のある指導を乗り越え、一歩成長したフェローの横峯。ほっと一安心と思いきや、脳腫瘍を抱えた天才美少女ピアニストに、妊娠中の冴島さんに襲いかかる事件……と、なかなか視聴者を安心させてくれないドラマ『コード・ブルー』。今週も、ママスタ読者のみなさんと感想をシェアしていきたいと思います。
(※記事中には本編のネタバレがあります! 未視聴の方はご注意ください)

『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜』第3話あらすじ

P00002734705

(C)フジテレビ

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“

藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていました。
藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は、将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は、指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えていました。今手術をすれば奏の命は守られますが、彼女の生きがいであるピアノを弾けなくなるというリスクが伴うのです。両親は早期の手術を望んでいるものの、当の奏は拒否し続けるという状況に、現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていました。

P00002757689

(C)フジテレビ

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれます。こだわりの料理人として注目を集めている緒方ですが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていました。この状況下にあっても自分が仕留めたイワナのことを心配する丸山に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持ちます。

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためにドクターヘリ要請が入り、白石恵(新垣結衣)らが救出に向かうことに。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入ります。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど、異例な事態に備えます。藤川一男(浅利陽介)は、身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出し……。

えっ!? 嘔吐物で機内が汚染された?

P00002743921

(C)フジテレビ

ヘリで輸送中の患者が突然嘔吐。その吐しゃ物が靴にかかった冴島さんが意識不明に……。

「怖い!こんなことあるの?」

「吐いたもので、あんなになっちゃうの?」

「空気汚染されたらこんな即効症状出るもの?」

「靴にかかった、かかってないだけでこんなに症状違うもん?」

「あっ冴島さんのお腹の子大丈夫かな?心配だわ」

狭い機内が嘔吐物で汚染されるというのはなかなかショッキングでした。第1話から視聴者が気になっていた冴島さんの妊娠ですが、この流れで一体どうなってしまうのか……。

P00002756445

(C)フジテレビ

挫折して自殺未遂を繰り返す患者……重いテーマです

冴島さんが倒れた原因となった患者は、仕事の挫折を苦に、シアンを飲んで自殺未遂をした男性。
駆けつけた奥さんに暴言を吐き、助かった命を再び危険に晒す姿に視聴者は……。

「毒飲んで周りに迷惑かけたうえにさらに飛び降りるとか。こんな奴に輸血なんて勿体ないわ」

「奥さんも大変ね、こんな旦那だと」

「挫折をした事がない人は打たれ弱いよね」

「人間は、少しくらい失敗した人生歩まなきゃだめなんだな」

死を望む人の命でも、医者は救うことが使命。
2度目の自殺未遂から患者の命を救った藍沢先生が、患者の妻に語った言葉がとても印象的でした。

「身体は生きたがっていた。ダメージコントロールは、患者さんの生命力に問いかける行為です。秋元さんの身体は生きたいと答えてくれた。身体が答えてくれるまで僕たちは24時間待った。でも、心が答えてくれるまではもっと時間がかかると思います」

また、命を投げうった患者にも真摯に向き合うメンバーたちの姿にも心を動かされたという声も。

「緋山先生、自殺で同僚を巻き込んだ患者のことをかばえるのすごいなって思った」

「人間の体って凄いんだなーお腹閉じないなんて! 血を手ですくって掻き出したり凄いな」

白石先生と藍沢先生、指導者としてのチームプレイがステキ!

P00002734745

(C)フジテレビ

ヘリで自分のことしか考えられなかったことを悔やみ、臆病な医者に向いていないと言い出したフェロー灰谷に対して、白石先生と藍沢先生が語りかけた言葉がとても心に滲みました。

このシーンを見ていた人の多くが、指導者としての2人のチームワークに感動したようです。

「黒田先生の腕を潰して、アワアワしてる小娘だったガッキーとは別人の先生だ。場数をこなすことがこうも成長させるってのをドラマながら感じたね」

「臆病なのは良くないから直せ、じゃないのがいいね 臆病なのも必要な側面なんだね」

「白石いい上司だね」

「この2人が、このフェローたちをどう育てていくのか楽しみだわ」

3話の放送では、藍沢先生が語ったいくつかの言葉がとても心に残りました。

「命さえあれば、大切なものを失った辛さをいつか乗り越えられると医者は信じているから」

この思いを、成長しつつあるフェローたちにどう伝えていくのか……。そして、意識を取り戻した冴島さんに、藤川先生が真剣にプロポーズをする場面も。まだまだこれから盛り上がっていく『コード・ブルー』、来週の放送も待ち遠しいですね!

文・鈴木じゅん子 編集・伊東杏奈