entertainment

大人の階段を上りはじめた娘と観たい映画 『心が叫びたがってるんだ。』

記事提供:学研キッズネット for Parents

大人の階段を上りはじめた娘と観たい映画 『心が叫びたがってるんだ。』

娘が小学6年生になって、1学期が過ぎ去ろうとしています。思い起こせば、小学校3~4年のころは、友だちに心ない言葉を浴びせられて、泣きながら帰ってきたこともありました。もちろん、気づかないところで娘もまた、友だちを傷つける言葉を吐いてしまっていた可能性もあります。そんな経験からしっかりと学んで小学校の最高学年となった娘は、人の立場になって言葉をかけられるようになってきました。

来年いよいよ中学生となる娘に、もう一度“言葉の持つ力”について考えるために、ぜひ観てほしい映画があります。それは『心が叫びたがってるんだ。』です。

大人気アニメの実写版

この作品は、2015年に公開された同名アニメーション映画の実写版。大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが制作したということで話題になったこの作品も、同様に大ヒットを記録しました。この『あの花』『ここさけ』と呼ばれ、愛されているこの2つの作品の舞台はともに秩父。このため秩父は当時から“聖地巡礼”と称して、たくさんの人が訪れているそうです。

そんな名作の実写映画でメインキャストを務めるのは、中島健人さんや芳根京子さん、石井杏奈さん、寛一郎さんと、今をときめく若手俳優陣です。中島さんは他人と本音で向き合うことができない拓実、芳根さんは幼少期のトラウマから話せなくなった順、石井さんは心ないひと言で拓実を傷つけたことを後悔し続ける菜月、寛一郎さんは肘を故障し心を閉ざす野球部のピッチャー・大樹を演じています。

舞台はアニメと同様、秩父の高校。拓実・順・菜月・大樹の4人が、クラスの担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちといっしょにミュージカルの公演を目指すという青春群像劇です。アニメも幻想的でいいけれど、生身の人間が演じる実写版は、登場人物が心に閉じ込めている「本当に伝えたい気持ち」を、大切な人に伝えようとする、その懸命な思いがよりリアルに観る人の心をつかみます。

音楽には不思議な力がある!

さらに、ミュージカル〝オズの魔法使いより〟「Over the Rainbow」やベートーヴェンの「ピアノソナタ第8番『悲愴』」、イングランドの民謡「グリーンスリーブス」といった名曲に、自分たちの心情を歌詞にのせて歌っていくシーンも見どころです。アイドルとして活躍する中島さん、テレビドラマで合唱好きな高校生を演じて、一躍人気女優となった芳根さん、ダンス&ボーカルグループのパフォーマーとして大人気の石井さんは、彼らの特性を存分に見せつけますし、名優・佐藤浩市さんを父に持つ寛一郎さんは、お父さん譲りの圧倒的な存在感で魅了します。

とくに、主演の中島さんが夕日の差し込む教室でピアノを弾くシーンは、少女マンガから抜け出たかのような美しさです。普段はコンサートでピアノ演奏を披露することもある腕前という中島さんは、映画のクランクイン前からピアノの練習を重ねてそのシーンに臨んだそうです。

そんな中島さんをはじめ、キャストが心から伝えたい言葉を音楽にのせて、全身全霊で表現するクライマックスは、音楽の持つ不思議な力を感じさせます。「音楽は人を豊かにする」ことを改めて実感するはずです。

中学生を目前にした娘に友だちと観てほしい!

ひと足先に、試写会でこの作品に出あったわたしは、ミュージカル大好き&芳根さんが主演した連続テレビ小説『べっぴんさん』も欠かさず見ていた娘には、ドンピシャの映画に違いないと確信しました。中学生になって、おそらくSNSデビューもするであろう娘に“言葉の持つ力”、そして“音楽の持つ不思議な力”を再認識してもらうためにも、この夏は『ここさけ』を、友だちといっしょに観にいってもらおうと思っています。

作品情報

ph04-16

『心が叫びたがってるんだ。』
7月22日(土)全国公開
アニプレックス配給
(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ

コラム出典:大人の階段を上りはじめた娘と観たい映画 『心が叫びたがってるんだ。』
(by 学研キッズネット for Parents)