life

『はらぺこあおむし』の作家エリック・カールの展覧会が京都で開催【夏休みお出かけ情報】

main

『はらぺこあおむし』別案原画、 1984年、 エリック・カール絵本美術館 (C)1969 and 1987 Eric Carle

ぽん! とたまごからちっぽけなあおむしがうまれ、それからおよそ50年。絵本『はらぺこあおむし』の作家エリック・カールさんの作品展が、京都で行われます。

その名も『THE ART OF ERIC CARLE エリック・カール展』。2017年7月29日(土)~8月27日(日)の間、ジェイアール京都伊勢丹7階に隣接する『美術館「えき」KYOTO』にて開催されます。先日東京で開催された展覧会では、13万人を超える来場で大盛況となったのだとか。

絵本がお気に入りの子どもから、今ふたたび絵本を手にして夢中になった大人まで多くの人を魅了し、輝き続けるエリック・カールさんの世界。約130点の原画と作品は必見です!

約130点の原画と作品が展示される『THE ART OF ERIC CARLEエリック・カール展』

展覧会では約130点の原画と作品を2部構成で展示。

第1部「エリック・カールの世界」では、子どもたちの夢や憧れ、日々の生活の発見を4つのテーマで紹介しています。

sub1

『1.2.3どうぶつえんへ』最終原画、 1986年、 エリック・カール絵本美術館 (C)1968 and 1987 Eric Carle

カールさんが最も得意とする生きものをとりあげる「動物たちと自然」。数、曜日、12か月でめぐる「旅」。日本語に翻訳されていない作品を含む「昔話とファンタジー」などがあります。

sub2

『パパ、 お月さまとって!』最終原画、 1985年、 エリック・カール絵本美術館 (C)1986 Eric Carle

第2部「エリック・カールの物語」では、エリック・カールさんの生い立ちや初期作品を紹介。

sub4

『うたがみえる きこえるよ』最終原画、 1972年、 エリック・カール絵本美術館 (C)1973 Eric Carle

sub5

『どこへいくの?ともだちにあいに!』最終原画、 2000年、 エリック・カール絵本美術館 (C)2001 Eric Carle

カールさんは立体作品や舞台美術など絵本を超えた創作活動もされているんですよ。

色彩豊かな絵本の世界が表現された、オリジナルグッズも見ておきたい

展覧会では、絵本『はらぺこあおむし』をテーマにしたグッズも販売されます。

ブックカバー&しおり(2種類・各1,080円/税込)

sub10

ランチトート(3種類・各1,400円/税込)

sub11

缶バッジ(6種類・各330円/税込)

sub6

色彩豊かな絵本の世界が表現されたグッズ。この世界感は、私たちの日常にも取り入れたくなりますね。

展覧会の場所は『美術館「えき」KYOTO』。JR京都駅を降りてすぐの、ジェイアール京都伊勢丹7階に隣接しています。夏休みのお出かけ先として、自由研究の場として、お子さんと一緒にエリック・カールさんの作品を見に行ってみてはいかがでしょうか?

<詳細>
『THE ART OF ERIC CARLE エリック・カール展』公式ホームページ:
http://ericcarle2017-18.com/index.html

会期:2017年7月29日(土)~8月27日(日)【会期中無休】

開館時間:午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)

会場:美術館「えき」KYOTO  ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

入場料(税込):一般800円[600円]/高・大学生600円[400円]/小・中学生400円[200円]

※[]内は前売券、および「障害者手帳」を提示した本人と同伴者1名の料金。

文・しらた まよ