life

そのおやつお酒が使われていませんか?アルコールが子どもに与える悪影響とは

02_1200x640

こんにちは。食育ずかんライターの、くまこです。
「今日のおやつは何?」「そーねー、この間いただいたお菓子があるからそれをあげるわ♪」
ちょっと待って!!そのお菓子アルコールが入っていませんか??

【どんなお菓子に入ってる?】
◯パウンドケーキ
洋酒が使われているものが多く、知らずに子どもに与えてしまうと具合が悪くなってしまケースが!

◯贈答用のゼリー
洋酒やワインが含まれているものがあります。アルコール濃度はものによって違いますが、確認してから与えましょう。

◯チョコレート
コンビニなどで売られているチョコレートでも洋酒入りのものがあるので注意が必要です。

その他、海外のおみやげなどでもらったお菓子にもお酒が入っている可能性があるため気をつけてくださいね!

【なぜ洋酒入りを子どもに与えてはダメなの?】
日本では未成年の飲酒は法律で禁止されています。それだけでなく、ほんの少しの量でも子どもにとってはとても負担のかかることなのです。
子どもの場合、脳の発達が未発達でアルコールを摂取することで、記憶力や判断力、意欲の低下が起こります。また肝臓や腎臓といったアルコール分を分解してくれる機能も十分に働いていないため、大人よりもずっと低い濃度で急性アルコール中毒になってしまう可能性があるのです。

飲酒の場合は1%以上のアルコールを含んでいると「酒類」として規制されていますが、お菓子に関してはアルコールがそれ以上含まれていても法的な規制がされていません。原材料欄や注意事項をよく確認してから子どもたちに与える必要がありそうですね。

※本記事は、「食育ずかん」が執筆しました。食育まめ知識をもっと知りたい方はコチラから↓

http://shokuiku-zukan.com

Text by 食育ずかん