life

性行為のたびに会陰が裂ける……。つらい痛み、どうしてる?

pixta_22976708_M

性行為のときに、パートナーの男性器を挿入しようとすると、膣の入り口にピリッとした痛みが……。
「裂けてる裂けてる!」と思いつつ我慢するけれど、終わった後に確認してみると、やっぱり裂けてる! 血も出ているし、しばらくの間トイレがつらい……。人知れず、そんな悩みに苦しんでいる方はいませんか?

ある日のママスタBBSにて寄せられた、投稿者からの切実な悩みの声。
それは、「エッチの最中に会陰が裂ける」というものでした。

「エッチのたびに会陰がピリッと裂けます。もうエッチが苦痛でしたくない」

『旦那とのエッチは月に2回ほどなんですが毎回と言っていいほど膣の下(肛門側)が最中にピリッと裂けます……。
おまけにそれなりに濡れてるのに性交痛もあり、膣の中の痛みと裂けた痛みとで早く終わってほしいと泣きたくなります。
それから何日間かは痛いです。
旦那にはなんか申し訳なくて言えてません……。
もうエッチが苦痛で正直したくありません。
同じような方いませんよね?
こんなんで産婦人科で相談とかってできるんでしょうか……?
ちなみに旦那のが特別大きいわけではありません』

痛いのに申し訳なくて言えない、もうエッチが苦痛でしたくない……。つらいですよね。周りにも相談できないとなるとなおさらです。
この投稿に、同じような悩みを抱えるママたちが反応。「私もなります!」という声が続きます。

『あー、痔と一緒だよ。一度切れた場所って弱くなってるから、ちょっとした刺激でまた切れちゃうの』

『私もなりますよー、痛いですよね。
やっぱり角度が悪いのと、また裂けたら嫌だという気持ちがあると力が入っちゃって、スムーズに挿入できなくて痛くて裂けるというのを繰り返していました』

『昔付き合ってた人とはするたびに毎回切れてた。
途中で早く終わってーって思うし、おしっこしみるし、翌日ヒリヒリするし……。
大きすぎたのが原因だったけど、ローション使うと切れにくかったかも。
ちゃんと濡れてても切れるけど、ローションのぬるぬるって独特だから保護されてる感じ。
あとは切れてるとこがちゃんと治ってからじゃないと、すぐ切れるよ』

ママたちからのコメントに、投稿者は「私だけじゃなかったんだ!」と驚いている様子でした。

『私だけじゃなかったんですね!
オシッコしみますよね……。そのあと拭くときも痛いし……。
思い返せば確かに正常位から旦那が起き上がった瞬間に裂けたり、あと根元ギリギリまで突っ込んできたときとかに裂けることが多いです!
やはり体位の問題みたいですね。
ローションとか使ったことないので試してみようかな。購入するのに勇気いりますね』

「入れると裂ける・擦れて痛い」、どうすればいい?

実は筆者も、そうしたセックスの最中の痛みに悩まされてきた一人です。
痛いし怖いし、痛すぎて「入らない」こともしばしばで、申し訳ないやら情けないやらで涙が出るし……。
どうにか納得のいく形でセックスがしたい!と、自分なりに改善策を探ってきました。ここで、個人的に発見した「会陰が裂けるのを防ぎ、セックスの痛みを減らすための方法」をご紹介してみたいと思います。

まずはコンドームをうるおいタイプに

pixta_12497587_M

性交痛の大きな原因は、膣のうるおい不足。濡れにくい、最初は濡れているのに、挿入のころにはすっかり乾いてしまう……という方も多いのではないでしょうか。
私自身、なかなか濡れないうえにすぐに乾いてしまうので、「あっ、ちょっと濡れてきた!今のうちに早く入れなきゃ! オッパイとかもう触らなくていいから乾く前に急いで~!」と焦りを感じ、触れ合いに集中できなくなって余計に濡れにくくなっていくという悪循環に陥っていました。

そこで、私がまず試したのは、コンドームを表面にオイルやローションのついた「うるおいタイプ」に変えてみることでした。
いろいろ試してみましたが、一番使い心地がよかったのが、ジュクスの「グラマラスバタフライ」シリーズ。
精液だまりの部分に水溶性の潤滑ジェルがたっぷりついていて、スムーズに男性器全体を潤してくれます。オイルタイプのように、先っぽだけヌルヌルするけど奥に進むとギシギシに……とならないのは嬉しいですね。とくに、ジェルが多めの「ジェルリッチ」と温感ジェルの「ホット 1000」は負担を軽減してくれました。
こちらはポリウレタン製のため、ラテックスアレルギーの方にも安心です。

ローションを買う・使うのが恥ずかしいときは

そして、改善策として必ずといっていいほど挙げられる、ローションの使用。しかし、アダルトグッズっぽいものを買いに行くのに抵抗がある、パートナーに提案するのも恥ずかしい……という方も多いですよね。こういうときこそAmazonを使いましょう! 気軽に、中身を人に見られることなく注文ができます。
そして、ローションを使おうと言い出しにくい人にぴったりなのが、ジェクスの「リューブゼリー デリケートイン」。全国の多くの産婦人科や泌尿器科等医療分野でも推奨されている潤滑ジェルで、「デリケートイン」は、スポイト状の容器に入った使いきりサイズ。事前にこっそり膣内に注入しておくことができますよ。

洗い流すときも、水やぬるま湯でさっと落とせます。乾燥するとポロポロとカスのようなものが出ますが、ゼリーの成分なので「病気になった!?」とびっくりしないでくださいね。

個人的には、「濡れないと入らない!」という焦りの気持ちから、ますます濡れにくく、体も硬くなってしまっていたところを、うるおいタイプのコンドームやローションを使うことで、「いざとなったらこれを使って濡らせばいいし、自力で濡らさなきゃ!と気を張らなくてもいいや」と多少リラックスできるようになったのが大きな収穫でした。

水分補給はあなどれなかった!

さらに、セックスにうるおいを、と思うと、下半身に意識が集中しがちですが、「水をたっぷり飲む」というのがあなどれませんでした。空気が乾燥する冬はもちろん、夏もエアコンで、意外と粘膜って乾いちゃうんですよね……。とくに、喉の渇きを感じるときは、下も乾いている可能性が高いです。実際に水をしっかり飲むと、膣の濡れ具合が明らかに違う! それ以来、行為のときには枕元に水分補給用のペットボトルを置いています。

「濡れる」と「ほぐれる」は違う!

しかし、十分にうるおっているからといってスムーズに入るわけではありません。筆者が以前、婦人科検診の折に女医さんに相談をしてみて言われたのが「下半身に力が入りすぎ!」。確かに、緊張でいつも力んでしまう……。
そして、個人的に大きいと感じたのが「冷え」の影響。冷え性の筆者は、いざ事に及ぼうと下を脱ぐと、あっという間に脚が冷え、下半身がどんどんガチガチに……。とくに冬はひどく、暖かい時期でも気づかないうちに冷えてしまっていたり。

pixta_25949698_M

行為の直前は、汗が出るまでしっかり湯船に浸かりリラックス(お風呂で自分の指を使って慣らすのも◎)、最中も布団やタオルケットをかけ(ひざ上の靴下を穿くのが一番効果があったのですが、恥ずかしいのであまりオススメはしません!)、なるべく脚を出さないようにすることを心がけた結果、かなりスムーズに入るようになりました。

しっかり慣らして、楽な体位を見つける

そして最後は、なんといってもしっかり慣らすこと。相手に丁寧に前戯をしてもらうのが一番ですが(指を前後させるのではなく、円を描くように膣の入り口を広げていくイメージで)、頼みにくい場合はお風呂やトイレで、自分の指を使ってこっそり広げるのもアリです。

そして、実際に挿入するときは、BBSの投稿にもあったように、膣の形に合った角度で挿入する!!
個人的に痛くなる場合は、相手が膣内の角度(まっすぐではなく上に向かってカーブしていますよね)をうまく把握できていないことが多かったです……。うまく入る体位や角度を探して、それでもうまくいかない場合は騎乗位で挿入してしまうのもいいでしょう。

(それから、意外と多いのが「小陰唇の巻き込み」。これは裂けるまではいかなくても擦れて痛い、という人にもおすすめしたいのですが、挿入時にさりげなくペラッとめくっておくと、本当に痛みが減ります!)

気になる場合は婦人科の受診を

性交痛って、痛みそのものよりも、相手に面と向かって相談できなかったり、うまくいかないことへの申し訳なさがあったり、セックスが怖くなってしまったり……という気持ちの面でつらくなってしまうことがありますよね。自分の体がどこか変なのでは?と人知れず悩んでいる方も多いと思います。

もし、どうしても改善されない、様子がおかしいと感じたときは、迷ってしまうかもしれませんが婦人科の受診を! 筆者のように、定期健診のときにそれとな~く聞いてみるのもアリかもしれません。

文・餅井杏奈