life

夏にオススメの“爽やかクリーミー”!! スタバの『キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ®』が14日からスタート

S__96092258
7月14日(金)からスタートするスターバックスの新商品、「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ®」
今回もママスタ編集部は、一足早く新商品のフラペチーノ®をお試してきました。
いよいよ夏本番!といった空気の中、心惹かれるライムとヨーグルトの組み合わせ。
一体どんな味がするんだろう、とワクワクしながら行ってきました!

ライムとヨーグルトのフラペチーノ®と聞くと、完全に爽やか&あっさり路線のメニューを想像される方も多いと思います。
しかし……その予想を裏切って、新作フラペチーノは、濃厚なカスタードと香り豊かなバタークッキーをマッチさせた、リッチなスイーツのような一品になっているんです!

さらに、色も茶色っぽいワントーンでトッピングもなし、とシンプルな見た目ですが、実はこの一杯の中には、驚くほど多くのこだわりが詰まっているのだそう。
実際に飲んでみた感想と併せて、試飲会で教えてもらったこだわりポイントもご紹介します。

今が旬の“キーライム”をたっぷり使用

S__96075961
こちらの「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ®」に使用されているのは、ただのライムではありません。
試行錯誤の末にたどり着いたのが、普段私たちが目にするものより小ぶりな“キーライム”というライム。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、アメリカから中南米では古くから親しまれていて、デザートにしたり、お酒に混ぜたりして楽しまれているんだとか。

金柑やカボスほどの大きさで、薄い皮の中には酸味のある果汁がたっぷり詰まっています。また、ライム特有の苦味も少なく、爽やかな酸味と香りを楽しむのにぴったりなんです。

フラペチーノ®のメインになっているのは、そんな風味豊かなキーライム果汁に、刻んだライムピール、そして卵黄たっぷりのカスタードを合わせて作られた“ライムカスタードソース”。
“爽やか”と“クリーミー”を同時に堪能できる、夏にぴったりの組み合わせになっています。

スタバオリジナルの配合で作られたヨーグルト

S__96075963
そして、もうひとつのメイン素材であるヨーグルトも、このフラペチーノ®のために配合された特別なもの。
なんと、通常のヨーグルトより乳脂肪分が2倍から3倍ほど高く作られているんです! 「これはもはや濃厚なクリーム!?」と言いたくなる味わい。

また、お店に運ばれてきたヨーグルトは、提供前にも一工夫! よりクリーミーさが出るように練ってから使用されているのだそう。見えないところでも、おいしくなる工夫がたくさん重ねられているんですね。

食感のアクセントになるバタークッキーS__96075960

そして、フラペチーノ®の中に見える茶色のつぶつぶ、なんとこれは、クラッシュしたバタークッキーなんです。

しかもこちらも、新しいメニューのために作られたスタバオリジナルのもの。
あえて硬く焼き上げたというバタークッキーは、食感のアクセントにもなり、“ライムカスタードソース”との相性も抜群! まるでケーキやパイを食べているような、贅沢なデザート感をプラスしてくれます。

S__96075962

「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ®」を一口飲むと、口の中に爽やかなライム風味のヨーグルトが拡がります。
フラペチーノ®は種類によって好みも分かれますが、毎朝ヨーグルトを食べるという方には朝食代わりにオススメしたいくらい、ヨーグルトが濃厚でおいしいです。

キーライムの酸味とのバランスもよく、カスタードやバタークッキーの風味も相まって、夏のブレイクタイムを、ケーキを食べながらお茶をしているような、そんなリッチで楽しい気分で過ごさせてくれる一品になっています。
個人的には、最近のスタバのメニューの中では、味わいの意外性もあって一番のヒットでした。

ちなみに、スタバの広報さんからは「このメニューはカスタマイズなしのオリジナルレシピでお楽しみください!」とのことでした。たしかに、これは完成されたおいしさです。

この夏は、新しい“爽やかクリーミー”なフラペチーノ®を求めてお店に通ってしまいそう!
すっきりしたい夏だけど、あっさりさっぱりだけじゃ物足りないという方は、ぜひ試してみてくださいね。

『キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ®』

Tall ¥620(税抜)
※サイズはTallサイズ 1種類のみです。
※この商品には、キーライム果汁とペルシャライムのピールが使用されています
■販売期間:2017年7月14日(金)~2017年8月31日(木)
■取扱店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)
※なくなり次第終了

文・鈴木じゅん子 編集・伊東杏奈