life

『モアナ』のペンダントはアワビだった!? デジタル配信&MovieNEX発売記念イベントで屋比久知奈さんが熱唱

6/28(水)東京・池袋のサンシャイン水族館にて、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』のMovieNEXでの発売と、デジタル配信を記念したイベントが開催されました。

登場したのは、主人公・モアナの日本語版吹替えキャストの屋比久知奈さん。7月12日(水)にオープンを予定しているサンシャイン水族館の屋外新エリア「天空のペンギン」の巨大水槽を前に主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」を歌いました。

IMG_1573

今回、屋比久さんと一緒に主題歌を歌ったのは『モアナ』が大好きな子どもたち。モアナ風の衣装を着て、一生懸命に歌う子どもたちの姿に、屋比久さんも終始ニコニコの笑顔でした。

サンシャイン水族館の「天空のペンギン」は、頭上にかかる巨大な水槽が、ペンギンたちの泳ぐ姿を、まるで都会の上空を飛んでいるかのように見せてくれます。まさに『モアナと伝説の海』の世界観にぴったり! 屋比久さんも「ペンギンたちが頭上を飛んでいるみたいで、とても幻想的でした」と感動していましたよ。

7月5日(水)に発売のMovieNEXは、ここだけのボーナス・コンテンツが満載。モアナとマウイの日常が描かれたショートアニメや、映画ができあがるまでの過程を特別な映像で楽しむことができます。屋比久さんは「ボーナス・コンテンツでは、作品が出来上がるまでにどのような準備がされて、どのような思いが込められてきたのかが分かりました。『モアナ』はこんなに深く深く掘り下げて作られた作品だったんだな、というのを感じて、涙がにじむほどでした」と話しました。

ちなみに、劇中で非常に大切な役割を持っているモアナのペンダント。実はあれは、「アワビの貝殻」でできたものなんだそう! ご存知でしたか? 貝殻の内側を丁寧に磨いていくと、あの美しいブルーが現われるとのこと。モアナやマウイたちの衣装も、制作陣の綿密なリサーチによって、現地の人びとが親しんでいる素材をアニメーションでリアルに再現しているそうで、ボーナス・コンテンツとして収録されている映像では、こうした裏の裏まで『モアナと伝説の海』の世界を知ることができるんです。

そして、MovieNEXだけで見ることができるオリジナルショートアニメ「マウイの魚釣りチャレンジ」。映画を見て「モアナとマウイの日常をもっと見たい!」と思っていたファンには嬉しいコンテンツですね。ほかにも「マウイの伝説」や「プアとの出会い」「おばあちゃんの教え」など、未公開シーンが盛りだくさん!

また、MovieNEXの発売に先駆け、6月28日(水)からは先行デジタル配信が開始されています。これで、いつでもどこでも『モアナと伝説の海』の世界に浸ることができます。

IMG_1576

「元気がないとき、あとちょっとだけ勇気がほしいというときは、ぜひこの映画を見てみてほしいです。きっとパワーがもらえると思います。何回見ても楽しい作品なので、ぜひたくさん見て、もっともっと『モアナ』のことを好きになってください」と語った屋比久さん。キュートで凛とした姿、そして力強い歌声は、まさにモアナそのものでした。

この夏は、『モアナと伝説の海』を見て、元気と勇気をチャージ!

文・伊東杏奈